ショウガ焼き

さて、最近はショウガもカラシもわさびも
ついついチューブ製品を買って使っています。
実にうまく味が付けてあって
カラシなんぞ、やはりちゃんとした芥子を使おうと
粉のカラシを買ってきて溶いて使っていたのですが、
面倒なのと、息子がチューブの方が美味しいという始末。
だって、材料見ると、本当においしく調味されているのが
一目瞭然なのですがね・・・・結局元の木阿弥。

しかし、ショウガは、まとめておろして、冷凍しておけば
ということはずっと以前から言われてきたことなんですが、
イマイチ使い勝手が悪そうで、実行していませんでした。
しかし、先日新しいひねショウガ(変な表現)が出ていたので
買って、全部おろしてファスナー付き袋(ジップログもどき)に
入れて、薄くして冷凍しておきました。

本日、その一部を取りだして・・・
c0021551_22553749.jpg
醤油に浸けて・・・
さあ、何になったでしょうか?
つついてほぐして・・・
やや厚めの薄切り豚肉(またしても変な表現)にまぶして
ショウガ焼きです。
加熱してないショウガを使ったショウガ焼きは、
お肉がと~っても柔らかくなるのです。
別に時間がかかるわけではありません。
お肉にくちゃくちゃとショウガをまぶし、
フライパンで中火以下でじっくり焼いただけで
と~っても柔らかくできました。
生のショウガというのが重要なので
多分レンジで解凍は御法度です。

さて、なぜ今回は冷凍する気になったのでしょうか?
それはジップログ保存袋の存在です(もどきですが)。
以前はサランラップに包むとか、
小さな容器に入れるとかでしたが、
これはまとめておろして少しずつ使うにはイマイチ不便でした。
使おうと思った頃には包装が破れて中身が行方不明とか、
空気に触れて乾燥状態とか。

ジップログ(もどき)で薄くのばして冷凍させれば
空気にもさほど触れず、袋からもこぼれず、
パキパキと割って、必要量だけ出して使えるし、
これならチューブに匹敵する使いやすさです。

何より、生ショウガ焼きの肉の柔らかさは魅力。
これ以外の利用については未知数ですが、
ショウガ焼きにはとにかくこれが一番ですね。
[PR]
by yamamotoyk | 2008-11-05 23:19 | 食べ物 | Comments(6)
Commented by すばる at 2008-11-06 07:49 x
畑で少し穫れた生姜、早速この方法で保存します!
Commented by 長岡 at 2008-11-06 14:07 x
生姜…私は、丸のまま、ポリ袋に入れて冷凍保存してます
使うときは凍ったまま、要る分だけチーズおろしですりおろします
残ったのはまたポリ袋に戻して冷凍室へ。
こんなものぐさな方法ですが、何も困ることはないようなので…簡単ですよ
Commented by yamamotoyk at 2008-11-06 21:41
はい、すばるさん、ありがとうございます。
はい、一度おためしください。
空気をしっかり抜いて、薄くのばして凍らせてみてください。
今までの方法と半分ずつと言うのはいかがでしょう?
危険分散と言うことで。
Commented by yamamotoyk at 2008-11-06 21:42
はい、長岡さん、ありがとうございます。
丸のままですか。
おろすときに硬くありませんか?
買ってすぐおろす時間がないとき、試してみますね。
Commented by uzuz at 2008-11-07 21:29 x
まぁ、加熱していない生姜だと、そんなに柔らかくくなるんですか!
我が家はず~っとチューブ生姜なもので・・・
今度試してみます。
Commented by yamamotoyk at 2008-11-07 22:00
はい、uzuzさん、是非一度お試しください。
ショウガ焼き用の多少厚めの豚肉を使われると
よくわかると思います。
私も今回すごく実感しました。
<< 三味線やそすけ 今日のお稽古きもの >>