おしるこ

名古屋はおぜんざい(粒あん汁)の方がお汁粉(こしあん汁)より一般的です。
でも、私はお汁粉の方が好き・・・・・

というわけで、小豆を煮るなら、こしあんにします。
作り方もまとめておかなきゃね。(でも今回は写真がなくて・・・)
小豆をざっと水洗いしたあと、たっぷりの水に入れてすぐ火にかけます。
煮立ったところで一度、湯を捨てて、また水を入れて煮ます。
沸騰したらちょっと火を弱め、あとは1時間ほど
湯が減ったら足しながらほとほとと煮ます。
指で簡単につぶせる程度になればおしまい。

ちょっと熱が冷めたところで
ミルサーでどろどろにします。
(ミキサーでもフードプロセッサーでも良いでしょう)

さらし木綿(または手ぬぐい)をざるに敷いて漉します。
漉したものをもう一度新しい水に入れてかき回し、
またさらしを敷いたざるで漉します。
もう一度同じ事をします。
(多分2回くらいで良いと思います)←研究中
要するに皮のえぐみや渋みを取るんだと思うのですが。

しっかり絞って水分を取ります。
中華鍋に入れて最初の小豆重量の
80%ほどの重さの砂糖(またはザラメ、三温糖)を入れて
火にかけ、かき回します。
いわゆる練るのですが、砂糖が溶けてくると
なめらかになってきます。
多分ここで巧く練ると美味しくなると言われるのは、
砂糖が上手に焦がされて飴になるというか、
風味が出るんだと思います。
今回はザラメを使って砂糖の結晶が見えなくなる程度でお終い。
c0021551_21332576.jpg
さっそくお汁粉にして飲んでみました。
幸い、昨年のお正月に買った金沢お菓子の麩があります。
(賞味期限大切れでしょう・・・・)
c0021551_2135616.jpg
懐中汁粉みたいになりました。
(好物、でも最近食べたことがなかった)

さて、一度に食べちゃうのは勿体ないので・・・・
c0021551_2138690.jpg
ラップに包んで一回分ずつの小山を作って冷凍しました。
さあ、これでいつでも量も甘さもお好みしだいのお汁粉が楽しめます。
[PR]
by yamamotoyk | 2008-12-25 22:00 | 食べ物 | Comments(0)
<< 揚げない鶏から揚げ 今日のお稽古 >>