糸巻き

さて、発表会にはちゃんとした人は、良い三味線を使う、
のだそうです。
そして、良い三味線には象牙の糸巻きが使ってある、ようです。
良い三味線がいかなる物で、どの程度違う物なのか?
私には未知の世界だったので
発表会に良い三味線といえば、
糸巻きが大変目立つので、糸巻きが白ければ
良い三味線に見えるだろう・・・と、ひとまず考えました。
しかし、駒を舎利駒から象牙に変えただけで
ほんの少しではありますが、音が変わった。
撥も象牙では何となく違うような気がする・・・・
いや、明らかに違う。(と最近感じる)

ならば、糸巻きも象牙を手に入れようと考えましたが
きれいで傷もないものはどんどん競り値が上がっていきます。
妥協してほどほどの物をかなりお値打ちに落札しました。
c0021551_23465728.jpg
やってきましたよ、象牙の糸巻き。
予想よりはるかに茶色くなった物でした。
でも気を取り直して、
今まで付いていた黒い糸巻きと取り変えてみました。
c0021551_23491238.jpg
ん、いいじゃない!
付けてしまえばそんなに茶色いことも気になりません。
(いつもこの部分を見ると花魁のかんざしを思い浮かべます)
実はこの三味線、もとの糸巻きはかなりすり減っていて
微調節が難しく、また油断すると、
すぐカランと緩んで抜けてしまっていたのです。
はずしたもとの黒い糸巻きを見ると、
確かに金具に当たるところが相当すり減っていました。
まぁ、いずれにしても替え時だったということで・・・・

さあいよいよ弾いてみます。
しゃり~ん・・・・・         ヲヲ~!
なんと麗しい音、余韻がまたすばらしい・・・・
ちょうどお寺の鐘がごぉぉぉぉ~ん、と鳴るように
さすがにあんな風に音の調子は変わりませんが
気分はそんな感じ。
違う楽器になったよう・・・・

なんで?なんで?
駒が糸の振動を胴の皮に伝えるように
糸巻きは糸の振動を三味線の木の部分に伝えるのかな。
それにしてもこんなに違うんだ・・・・
ちょっとつるつるしてねじりにくいので
糸の調子を変えるのがまだ難しいのですが
もう少し使い込んでいくともうちょっと慣れるかも。
なんだか嬉しい。皮は相当上等なので
パーツが少しずつ皮に合わせて良くなっていきます。
(どれもかなりの中古品だけど)

道具に凝るなんて、まるでおじさんのゴルフみたいだけど、
同じ練習するなら、いい音を楽しんで弾きなさい、と言われた
三味線屋さんのおじさんの言葉を、今、しみじみ味わっています。
[PR]
by yamamotoyk | 2009-01-26 00:07 | 三味線 | Comments(2)
Commented by fuuki-no-botan at 2009-01-27 17:09
わたしも昨年ヤフ○クで糸巻きを落としました♪
んで象牙のお手入れで検索すると黄ばんだ象牙は漂白できると言うのを見つけてやってみました。
結果真っ白になりましたよ!えぇとても象牙とは思えないくらい骨のように真っ白に(笑)味わいも風格もきれいさっぱりと真っ白に(滅)
やっぱ素人が余計なコトをしてはならないと思い知りました(大汗)
Commented by yamamotoyk at 2009-01-27 23:23
はい、ぼたんさん、ありがとうございます。
ぼたんさんも色々落札されてそうですね♪~
真っ白の象牙の糸巻き、きれいじゃありません?
真っ白では、象牙っぽくないですか?
新品の象牙って相当白いような気がするんですが、
もっと白くなっちゃったんですか?
表面が荒れて艶が無くなったということはないですか?
大丈夫ですよ。色々やってみる方が
経験値が上がって楽しいと思います。
また色々教えてください。
<< 象牙の撥 駒 >>