象牙の撥

さて、色々部品を象牙に代えていますが、
実は象牙の撥は既に持っています。
最初の発表会に際し、コメ兵に何度か通い、
象牙の撥がたくさん出ていた時に
自分の手に合う物を選び、購入しました。
同じくコメ兵で買った三味線本体より高かったですよ。
でも、新品の1/10ほどの値段だし、こんなもんかなと・・・

さて、ヤフオクでも象牙の撥はよく見かけます。
三味線同様、良い物ほど大切に仕舞ってあって
使わなくなって売りに出したりとか、
すり減って売りに出したりとか、色々事情があるのでしょうね。

サイズも重さも色々です。
特に象牙の撥は先が減るとまた削ってもらうとか言うことで、
軽めのものが多いようです。
なので、ちょっと重いと値がどんどん高くなります。
私は多少重めのを今まで使っていたのですが、
三味線仲間の人も欲しいというので
多少軽めながら、軽すぎず、値段安め、物よさげを
色々選び、うまく落札出来ました。
c0021551_14265416.jpg
そしてやってきました。
色もキレイです。角もトギトギ。減ってません。
重さも良い感じです。
ちょっと持った感じが違うのは比べてみると長さが長い。
そして、持つところを下から見ると正方形ですが、
握るところが幅が広く薄い。つまり断面が長方形。
さすがにここは寸法として書かれることはありません。
立体の物を最小限の寸法と重量で判断するのは、
なるほど、難しいことが色々あるわけですね。
最後の決め手は画像ですね、やっぱり。
画像を穴があくほど見て、
知恵を色々働かせなくちゃいけませんね。

その結果をどの程度我慢するのかしないのか、というのが
ネットオークションで入手する際の問題点になるわけですね。
返品効かないですからね。
どうしても嫌ならまた自分で出品する?

ま今回は、頼んだ人が気に入らなくても
自分で使えるし、値段もなかなかお値打ち。
なので、大丈夫です。
ん?用心深いって?そうです。
お金の絡む話では、予防線はいつも張っておきます。
[PR]
by yamamotoyk | 2009-01-26 14:39 | 三味線 | Comments(2)
Commented by bananamama at 2009-01-27 13:01 x
元々は、象の牙なんですよね~
ブローチや帯留なんかよりはるかに重量あり・・・
貴重~★
お稽古を続けていく上で、お道具は重要ですね~★
Commented by yamamotoyk at 2009-01-27 23:02
はい、bananamamaさん、ありがとうございます。
恐らく、ヤフオクで象牙の道具を買う人は
演奏用に買う人と
象牙として買う人といるだろうと思います。
三味線の場合、素人の趣味の範囲では
それほど道具にこだわる必要はないのですが、
楽しみの幅は広がりますね。
<< おやつ田作り 糸巻き >>