今日の着物

今日は、先日のぼたん帯コーディネートのリベンジ・・・・・ということで
c0021551_225240.jpg
着物は親世代(親だったか叔母だったか)のお召し。紋お召しです。
縫い取りお召しとも言って飛び柄の部分が違う糸で織ってあって、
裏に糸が出ています。(袷だから見えないけど)
紬のようにかちっとして着やすくて、でも紬じゃなくて
何となく、スーツのような感じが他の着物になくて好きですが、
着ていく場面が少ない・・・というか・・・・着ないだけじゃん・・・・
(だから今日着たのかも・・・・)
裄も袖丈も短いので替え袖が着物の袖に縫いつけてあります。

さて、最初のもくろみは成功したのでしょうか?
う・・・・・ん、どうでしょう・・・・
ちょっとぴかぴかしすぎてる?
帯のぼたんの柄は薄くてよく見えないし・・・・

ところで、何のリベンジだったかしら?
この帯が合う着物を探す?
前回の方が生地の雰囲気が合ってた?
牡丹柄の付下げ生地から帯3本分を切り分けたうちの1本ですが。
[PR]
by yamamotoyk | 2009-04-15 23:13 | 着物 | Comments(2)
Commented by bananamama at 2009-04-17 16:53 x
いつだったかアップで拝見しました★
三枚の作り帯・・・ですね♪
生地の活かし方に感動を覚えた記憶があります。
Commented by yamamotoyk at 2009-04-17 18:59
はい、bananamamaさん、そうなんですよ。
大きな牡丹の株が要所要所にある付下げ生地なので
帯3本分のお太鼓、たれ、前に
それぞれ牡丹が来ました。
ただ帯の作り方がまだテキトーだったので、
帯を結ぶときに破れそうでチト不安がありますし、
帯芯が柔らかすぎて心許ないのが欠点です。
これも松屋大丸さんのセールでめちゃ大安売りでした。
もう少し色が濃いか、テカらない生地だったら
着物にしたのですが・・・・
<< チャンジャ奴 歳時記 >>