歳時記

今日は一段と暑くなりましたが・・・・
でも、まだ朝晩は涼しいのでほっとします。

c0021551_2332612.jpgc0021551_2333793.jpg
今日見つけた花は
左:コモンセージ
右:ニシキ
テイカカズラ
このテイカカズラは満開になると
辺り一面紅茶のような香りが漂います。
小さな花なので姿より香りで咲いたことがわかります。
虫も付かず、ほどよくのびて、始末の良い蔓ですが、
キョウチクトウの仲間なので
キョウチクトウと似た風車のような花ですし、
キョウチクトウと同じ毒草です。
だから虫が付かないのかな?
最近流行のハツユキカズラも同じ種類です。
[PR]
by yamamotoyk | 2009-05-02 23:18 | 園芸 | Comments(6)
Commented by すばる at 2009-05-03 06:38 x
テイカカズラね、当地の博物館の周りにグランドカバーに使われていて、とっても好きだったので、道に這いだしている枝を「踏まれちゃうし・・・」と言いながら採って来てしまいました。
挿し木は成功、いま、ほんの10センチくらいの個体に、蕾が3個!
大きくなるのに何年かかるでしょうか。
Commented by bananamama at 2009-05-03 08:43 x
テイカカズラ、藤原定家を想像し、
清楚でやさしい花だと思ってました。
キョウチクトウの仲間ならちょっとイメージが違いますね。
公害にも強い★

今日までですね、吹上。
昨日が息子の誕生日で食べすぎ、飲みすぎで動けません。
去年も同じような事になってたような・・・
Commented by yamamotoyk at 2009-05-03 22:03
はい、すばるさん、ありがとうございます。
テイカカズラ、ついて良かったですね。
そしてもう蕾が付きましたか。
さすがに丈夫ですね。
グランドカバーですと、緑一色の物でしょうか。
常緑で葉が持ち上がって良い雰囲気ですよね。
ハツユキカズラも元気ですか?
こちらも明るくてすてきなグランドカバーですよね。
Commented by yamamotoyk at 2009-05-03 22:10
はい、bananamamaさん、
テイカカズラの名前には
もっと切なくて恐ろしい由来があります。
藤原定家が葬られた墓から生えたこの蔓が、
密かに思いを寄せる式子内親王の墓まで延びて
固く抱きしめるように覆いつくしたと言うことです。
この蔓の強さ、丈夫さ、根の張る様、
ゆっくり確実に目的に向かい覆ってしまう様。
毒で他から身を守る様。
どれをとっても納得のいく話なんですよ。
清楚で優しいのはぱっと見だけですね。
Commented by bananamama at 2009-05-03 22:13 x
恐い~~~★
Commented by yamamotoyk at 2009-05-03 23:07
はい、ちょっとね、怖いですね~★
緑のテイカカズラはいかにも、と言う感じですが
このニシキテイカカズラの葉は明るい斑入りで
そんなお話は跳ね返しちゃってます。
<< 09年ノンアルビール 吹上骨董市 >>