小江戸巡り

さて、次の日は・・・・
c0021551_22161341.jpg

半襟を替えて(筒袖嘘つきを着替えただけですが)
帯を裏に返し、足袋もちょっと色の付いたのを履きました。
帯はお太鼓結びから角出しにして(うまく結べてませんでしたが)
気分は変わったでしょうか?
旅行カバンを持ったまま、小江戸:川越の散策です。
義妹(いもうと)夫婦に案内してもらい、息子夫婦らと
三組のカップルです。
今回は最初から案内してもらうつもりだったので
予備知識無し。
へ~!へ~!と言いながらカメラでぱしゃぱしゃ。
c0021551_22215296.jpg

見事な蔵造りの商家が建ち並ぶ通りです。

ひときわ目立つのが、でっかい鬼瓦のこのお店。
c0021551_22244931.jpg

見事にうだつが上がっていると思ってよく見れば・・・・
何だ、隣の家のじゃん。
うだつというのは隣の火事の炎が来ないように
二階の屋根の隣との境に建てた小さな屋根付きの壁。
ここの町並みではあまり建ってませんね。
そりゃそうだ。
家そのものがお蔵のように厚い壁で出来ているので
火事だって怖くない、うだつの必要もないって訳ね。
午前中、この辺りから、駄菓子屋さんが並ぶ辺りまで回って、
早めのお昼は・・・・久しぶりに・・・・・
c0021551_2235695.jpg

田舎そばのランチセット。(実は無理言って特注)
ここ川越はサツマイモが名物と言うことで
サツマイモ、ゴボウ、にんじんのかき揚げミニどんぶりが付いています。
おサツのかき揚げは香ばしくって美味しいですね。
田舎そばも歯ごたえよくそばつゆもあまり辛くなくて
名古屋人の我々にも美味しかったです。
(東京のそばつゆは辛くてちょっとなじめません)
義妹によると目新しいお店だそうですが
朝通ったとき店先でそば打ちしていたのを見ていたのです。
でも、お店の写真は撮り忘れました。

そして、ゆとりを持って新幹線に乗って帰ってきました。
お疲れ様~
[PR]
by yamamotoyk | 2009-06-01 22:47 | 外出 | Comments(6)
Commented by bananamama at 2009-06-01 23:54 x
今日は、一段と晴れやかな表情をされてますね~♪
パープルの色無地、よくお似合い~♪
準備万端って事がいかに重要か分かりました。
当日楽しむ為なんですね~
Commented by ぼん吉 at 2009-06-02 04:47 x
川越だぁ~!! 徒歩3分の隣町だぜぃ!(それは三重郡川越町だな)
コンビニのサンクスまで小江戸のたたずまいでいいんですよね。

川越唐桟、もう一着仕立てたいなぁ。
もうちょっと育児が暇になったら、ぜひ行ってみたいです。
Commented by yamamotoyk at 2009-06-02 22:04
はい、bananamamaさんありがとうございます。
うまく準備をすれば、楽に楽しむことが出来るので
工夫と経験の積み重ねが大切ですね。
ぜひ色々な人の工夫を盗んでください。
Commented by yamamotoyk at 2009-06-02 22:07
はい、ぼん吉さん、
良いですねぇ~川越のご近所ですか・・・・
でも、川越唐桟がない方の川越ですか・・・・
もうすでに一枚お持ちですか・・・・垂涎

育児が暇になる頃には
“NHKつばさ”ブームも一段落して
落ち着いて散策できそうですね。
Commented by narja at 2009-06-02 23:20 x
お久しぶり!
川越にいらしてたなんて♪
この頃なかんかで着物をなかなか着れません。わざわざ川越で買ったもんぺ(ゴムじゃない簡易版袴みたいなひものもの)もお蔵入り(やっぱり文明の利器は楽と思い知りました)
もう少しゆとりが出来たら。。。。っていつの事やら
Commented by yamamotoyk at 2009-06-03 18:30
はい、narja さん、お久しぶりです。
ありがとうございます。
いつの頃からか、一度は行ってみたい街の一つ、
になっていた川越、義妹が川越に引っ越したので
喜んでいたら、またご主人が(義弟ですが)転勤。
引っ越し前にとあわてて出かけた次第。

文明の利器、確かに侮れませんね。
上手に利用して・・・不便も多少我慢して・・・

narjaさんには、なかなかゆとりは難しいかも
どんどん興味が広がっていますものね。
しゃれたレストランへはぜひ着物でどうぞ。
<< ポリの色無地 上村 松園・松篁・淳之 三代展 >>