ポリの色無地

さて、旅行の翌日からは忙しすぎて
話題を仕入れる暇無し・・・・・と言うわけで、引っ張ります。
c0021551_22143057.jpg

さて、ポリの無地単衣ですが
結論から言えば、あまり快適とは言えませんでした。
気温が下がると肌寒く、
(一番寒かったのが帰り着いた名古屋の地下鉄。
蒸し暑い名古屋はどこもしっかり冷房が効いていて寒かったです)
ちょっと空気が滞るとすぐ蒸し暑いという状態です。

色無地というのも他の人が割にカジュアルな感じだったので
ちょっとすました感じになったかしら、と多少反省。
土曜の昼のしゃれたイタリアンレストランでは、良かったかな。
土曜の夜が川越の料亭だったのが一番馴染みましたが、
川越の街ではもう少し気軽な感じでも良かったかな。

では、どんな着物が良かったかしら?
雨模様と言うことからすると
黒か白のサマーウールかグレーのポーラが快適だったでしょうか。

上の写真で見る限り、
木綿バティックの帯が雰囲気を和らげて良かったのですが
帯が短くて銅に一巻きだったのは
軽く涼しくて良いのですがちょっと不安定でした。
生地も柔らかいので角出しがうまく決まらず
やや中途半端でした。

この帯でもうまく結べる時もあるので次回はがんばりましょう。
暇があれば二巻きできるように長く直してもいいでしょうね。
やはり帯は最初から二巻きできる長さに作るのが良いようです。

梅雨前のこの時期、どの着物を着るか悩ましいことです。
[PR]
by yamamotoyk | 2009-06-02 22:58 | 着物 | Comments(2)
Commented by bananamama at 2009-06-03 17:39 x
画像で拝見する爽やかな印象ですが・・・
色々反省点ってあるものなのですね~
私なら色無地きてイタリアンのお店に居ても
仲居さんに間違えられるタイプなので
綺麗に撮れて羨ましいです~♪
Commented by yamamotoyk at 2009-06-03 18:42
はい、bananamamaさんありがとうございます。
見かけはとっても爽やかで、内心ニコニコなんですが・・・
結構蒸し暑かったので、色々考えたのです。

色無地、難しいですよね。
その意味で、色無地は奮発するに限ります。
この色無地、ポリですが、反物で買ったかなり上物。
生地がとてもきれいで色もステキです。
でも、ポリの無地なので値段はそこそこ。
料亭でも恥ずかしくなかったです。
と言うわけでこれ以外の着物で
満足できたかどうか実際の所、微妙です。

bananamamaさんは美人なので
自信を持ってください。
たとえ、内心びくびくしていても
堂々とにっこりしていれば大丈夫ですよ。
<< 歳時記 小江戸巡り >>