今日のお稽古

今日は曇りで比較的涼しい。(蒸し暑いとも言う)
しかし、ひょっとして小雨が降るかも・・・・と言うことなので
黒の絽に浴衣を合わせるのはちょっと見合わせて・・・・・
c0021551_19114894.jpg

浴衣です。
しかし、ただ者の浴衣ではありませんぞ。
これは、小宮康孝氏(人間国宝)収蔵の型紙による
長板中形の浴衣です。
(小宮氏が集めた江戸時代の浴衣の型紙で染めたもの)
東京中野区の沼袋にあるシルクラブ
「なつかしい江戸のゆかた展」で買いました。
(毎年展示開催でしたがこのところずっとお休みだそうです)
かなり色々なデザインがありました。
でも、値段はごく普通の浴衣の反物並み(2万円台)。
平織りでぱっと見、寝間着のような生地ですが
着ると評判が良いので気に入っています。
船の帆を巴型にデザイン化した物。

半襟はお花の模様。
帯はタマネギ染めの麻
10年近くたったのでさすがに色が褪せてきましたね。
でも、簡単なミョウバン染めでも案外堅牢ですね。

今日は唄の先生でした。
前半はやさしい三味線。(ほたる、さくら、松の緑、末広がり)
後半は橋弁慶の唄。しかもちゃんと先に進みました。
(予習してないとこまで行っちゃったよ・・・)
理想的な展開でした。
来週までの一週間は、前に進んだ橋弁慶の強化週間にしましょう。
[PR]
by yamamotoyk | 2009-06-03 19:31 | 着物 | Comments(4)
Commented by えいこ at 2009-06-03 22:59 x
やはりただ者じゃなかったんですねー
遠くからでも眼につく着物、あれはナニ~と怪しまれないよう距離をつめるわたし、この時点ですでに怪しい 笑
着物ばっかり見てたんですれ違う瞬間までうまこさんと気付きませんでした。(^^;;
わたしは早めの昼休みをとって竺仙を見てきた帰りでしたが、これほどインパクトのあるのはなかったですよ。
Commented by yamamotoyk at 2009-06-03 23:07
はい、えいこさんありがとうございます。
やっぱただ者ではなかったですか。
そう聞くともう一本欲しくなってしまいました。
シルクラブの片隅にでも何本か置いてないかなぁ?
でも、着物のお陰で見つけていただいてよかった。
私は瞬間えいこさんに似た人だなぁ、と思ったのですが
すれ違ったのが一瞬だったので
自信がありませんでした。
Commented by bananamama at 2009-06-04 08:07 x
粋ですね★「お江戸~」って感じがステキ!
画像で拝見した瞬間!ただ者ではないって感じ~
帯、ステキですよ~まだ現役いけそうです★

高○屋の呉服で浴衣見学。
竺仙イマイチですね~柄が単純すぎ?
以前の方がよかった、もっと昔の方がよかった・・・
と言ってもいい位。お値段は、竺仙価格。
松屋○丸のおじさんが「またセールやるよ~今日は帰りな~」と。
こちらで探す方がいい物に出会えるかも~とひそかに期待★
Commented by yamamotoyk at 2009-06-04 20:07
はい、bananamamaさんありがとうございます。
デパートの浴衣売り場にはどこも
あまりたくさんの竺仙さんはないですね。
でも、小千谷縮みは今年はデパートの方が多いかな。
竺仙さんを狙うならこの大江戸展が一番かと思います。
毎年見ていると変遷がわかっておもしろいです。

松屋◎◎さんも時々お値打ち夏物が出ますね。
こまめなチェックがツキを呼びますね。
<< 大江戸夏祭り展@三越 歳時記 >>