小さな花の歳時記

今日見つけた花
c0021551_22261630.jpgc0021551_22264280.jpg

オレガノの花

ミツバの花

c0021551_22273126.jpgc0021551_22281258.jpg

ムラサキシキブの花

センリョウの花
小さな花ばかり咲いているのを見つけました。
そして・・・・
c0021551_22295376.jpg

以上4つよりは大きいのですが
思いの外小さかったのが・・・テッセンの花。

これこそが古来より日本で咲いていた鉄線の花です。
(正確には中国原産で室町頃渡来したらしい)
クレマチスは世界中、色々な地域に原種の花があって
それらを掛け合わせたりして、実に多様な花が作られたとのことです。
で、それらをまとめてクレマチスと呼ぶんですが、
日本にテッセンがあったので
クレマチスをまとめてテッセンと呼んだりして
結構混乱しています。
特に現在クレマチスとして贈り物などにする大輪の花は
これこそが本当の日本原産のカザグルマ(風車)を改良した物。
テッセンという名前が良かったのか
どれもこれもみんなテッセンと呼んだりするので
混乱しています。

でも、思うんですが、植物に興味のない人には
何を言ってもダメなようで
微妙な違いもわかってもらえないし、
言うだけ無駄なようです・・・(T_T)
(というか、多すぎて覚えきらないんだと思う)
だから、人に花の名を聞かれるとしばしば悩みます。
普通の花屋さんで見る名前を言えばいいけど、
特殊な花は?
現在我が家にはクレマチスが5種類ありますが
(4種類は消えた)あまりに違って見えるので
これもあれもクレマチスと紹介するのは悩ましい・・・・

最後にいつも上手く写真が撮れない花。
葉は各種ありますが、花はどれもほとんど同じ。
c0021551_22463350.jpg

ギボシ(白い斑入りの葉)の花、小さくないです。
[PR]
by yamamotoyk | 2009-06-21 22:57 | 園芸 | Comments(0)
<< 杏仁豆腐への道 6月第3週末の予定 >>