レオナール・Foujita展

藤田 嗣治の展覧会を見に松坂屋美術館へ行きました。
この特徴的な絵を描く画家は昔から気になっていましたが
好きかと問われれば、微妙・・・・好きかも・・・・
でも、ちょっと不気味で、ワンパターンかも、
というのが実際の感想でした。
c0021551_22155613.jpg

今回の展示でも
あの口をとんがらせた女の子達は健在でしたが
もはやそれはほんの一部でしかなく、
乳白色の肌美人ですら、ほんの一部でしかなく、
全体を支配するのは迫力、宗教、そして立体作品。

藤田氏が絵だけではなく実に色々なものを自分の手で作っている。
ミシンで布を縫っている写真まである。
彼の作った陶器もある。
ドールハウスのような家の、そして教会の模型もある。
これを知った私にはちょっとした感動でした。

さて、藤田氏の絵は乳白色の肌と言われる白い肌色が特徴的
と言われるのですが、
私はそれを際だたせる陰が気になって仕方ありません。
間近まで寄れる絶好の機会です。
眼鏡を外して極至近距離からじっと見つめてきました。
でも、どうやってその陰が描かれているのかわかりませんでした。
そしてあの細い細い輪郭線もじっと見て
何のためらいもなく一発で描かれている素描画の線も見て・・・・
(当然でしょうけど・・・)
ついでに言えば再現された藤田氏のアトリエにあった
面相筆(Wikiによればさらにその中に針を忍ばせてあったらしい)
細筆を何本も横一列に束ねた筆、(髪はこれで描いたのかな?)
興味を引く対象が次から次にあって、実に面白い。
テレビで藤田氏の教会建立の番組も見た後だったので
大変興味深い展覧会でした。

できれば売店がもう少し充実していれば・・・・
[PR]
by yamamotoyk | 2009-08-22 22:45 | 外出 | Comments(6)
Commented by かづら at 2009-08-23 01:29 x
私も、非常に気になっております展覧会です。
混み具合は、いかがでしたか?
Commented by bananamama at 2009-08-23 17:41 x
行くつもりです♪
単独の会って見るの初めてかな~楽しみです♪
帰り、松●大丸さんに寄ってみます。
この前、おじさんが、「バーゲン価格から 更に、300円マケてあげる」
と言ってくれたけどスルーしちゃったので・・・
Commented by yamamotoyk at 2009-08-23 20:31
はい、かづらさん、ありがとうございます。
会期後半、土曜日の午後、
ほどよい混み具合でした。
これ以上混むとうるさいし、少なくても寂しい。
8月という時期がちょっと微妙なのでしょうか。
(皆さんお盆や夏休みで忙しい?)
是非、時間を取って行ってきてください。
Commented by yamamotoyk at 2009-08-23 20:33
はい、bananamamaさん、ありがとうございます。
そういえば、単独の会って初めてですね。
だからよけい得る物が多かったのかもしれません。
大須も8月中はあちこちでセールですね。
Commented by かづら at 2009-08-24 23:58 x
ありがとうございます!
学校が始まったら、行ってみようと思います~
Commented by yamamotoyk at 2009-08-25 10:16
はい、かづらさん、ありがとうございます。
ひょっとすると学校が終わるのを待っている方が
他にもいらっしゃるのかも。
でも、大丈夫、行く価値はあると思います。
へ~、フジタって、こんな芸術家だったんだ、って
彼の人生が見える展覧会でした。
<< 今日の着物 鉄道模型 >>