今日の着物

さて、まだ8月です。しかし、秋の気配濃厚。

さて、麻の着物も着納めで順番にお洗濯を考えます。
麻の襦袢は足がすれるので(綿の)裾よけは付けますが、
上は肌襦袢無しなので(ブラはします)着るたびに洗います。
しかし着物は基本的に直接肌には触れないので
シーズン終わりに洗うことにしています。
着るたびに洗うと傷んだり、染めによってはだんだん薄くなるからです。
もちろん浴衣のように半襟無しで着れば襟まわりが汚れるので
そのたびに洗うことになるので
着物のように着るために買った浴衣はなるべく着物のように着て
毎回洗わないようにします。
木綿の染めの着物は、洗うたびに微妙に縮み、
染めが薄くなり、繊維もやせる(薄くなる)からです。

というわけで、本日はこれの着納め
c0021551_18485036.jpg

着物が明るく写るようにしたら帯の色が飛びました。
c0021551_18494842.jpg

帯は流れる水に浮かぶ菊の葉です。
帯締めは、着物の柄と同じ色。
7月26日と同じ組み合わせですが
帯締め、帯留めが違います。帯結びも違います。
実は長襦袢も違うので裄が合わず、袖口から出てしまいますが
張りのある麻なので見て見ぬふり(恥)。

この帯は普通のお太鼓の方が落ち着くようです。
帯枕はタオルです。帯のサイズに合わせられるので
ゆったりとしたお太鼓ができました。

今日、お太鼓結びにしたのは、
JRなごや高島屋の呉味の市に行くため。
三味線のお仲間さんが、お稽古に気軽に着ていく着物が
何か欲しいといったので、一緒に見に行ったわけ。
人混みでは張り出した帯結びは危険なので
なるべく、ぺたんこのお太鼓結びにします。

さて、良い物はあったかな?
[PR]
by yamamotoyk | 2009-08-26 19:00 | 着物 | Comments(2)
Commented by bananamama at 2009-08-27 07:12 x
ステキな帯締めですね♪
菊♪残暑らしい帯です~
選挙に菊の浴衣を着ていくつもりです。
(大須でおだてられて買いました凸凹
出番無し、このままでは肥やし)
知人に洋服のリサイクルショップへ連れていってもらいました。
なぜか?浴衣が半額のオール490円
男物の夏着物発見、躾つき生地代と思って購入。
水につけるとトロントロン~天然物って感じ、
いざ、干してみるとバリンバリンの張り~★
糸に張りがあるのでしょうか?
水洗いはいけなかったのか・・・
縦にシボ有、無地系紺地、スッケスケ、軽量。
女物に変身させるか?細工物材料にするか?悩みそうです。
Commented by yamamotoyk at 2009-08-27 19:13
は、bananamamaさんありがとうございます。
さて、その男も着物生地、
何なんでしょうね。
何が出来るのか楽しみですね。
<< 茶ちび 食育 >>