歳時記

からっと晴れた日が続いています。
朝夕はとても涼しいので安心していると、
庭は乾燥しまくり。
水をまいても追いつかず、皆ぐったり。
それでも、元気なやつはどんどん伸びるので・・・・・
c0021551_14141419.jpg

いつもの定家カヅラです。
MONONに行く前、午前中にちょっとだけ庭仕事。
上が散髪前。下があと。ちょっとさっぱりしました。
庭は涸れ涸れで、いつもなら、とっくに咲いている秋明菊も
悲惨な様子・・・・・と思いきや、
陰でこっそり咲いているのを見つけました。(左)
c0021551_1416364.jpgc0021551_14165589.jpgc0021551_1417917.jpg

見上げれば、タカノハススキにも穂が出ています。
そして、シソにも穂が・・・・
枯れそうになりながらも頑張っていますね。

あちこちでヒガンバナの話を聞きますし、
ご近所でも立派に咲いていましたが・・・・
我が家のヒガンバナは律儀です。
お彼岸に咲くつもりらしい(笑)。まだ蕾でした。c0021551_14215512.jpg
咲いたら写真を撮ります。

右は咲き始めではありませんが、
涼しくなってまた盛んに咲き始めた
ムクゲです。

落ち葉の陰に面白い物が隠れていました。
c0021551_1423974.jpg

ばあちゃんが捨てたほおずきです。

伸び放題の藤ヅルを整理していたら、
突然指に激痛が・・・・・
もの凄い数の針をチクチク刺されるような痛みです。
でも、こんな時にあわてて痛いところに触れてはいけませんよ!
きっと毛虫か何かに触ったんです。
刺激性のある微少な針が皮膚に刺さっているので
触ると取れなくなってもっとひどくなります。
走らず慌てず、でも速やかに水道のホースの所に行って
勢いよく水を出して洗い飛ばします。
しばらくジャージャーやってから、
また庭にとって返し、ドクダミの葉っぱを採り
指で揉んで汁を出し、傷むところにそっと塗ります。
こすらないようにね。
しばらくするとあら不思議!痛みは消えます。
c0021551_1432972.jpg

痛みは取れても痛かったところが次第に腫れて
赤くなってきましたが中心部は蒼白です。
次の日(つまり今日)は腫れはかなり引いて、
全体にほんのり赤く、何かに触ったところだけが
ほんのちょっとプクッとふくらんでいました。
たまにちょっと痛いのでドクダミローション、
(トクダミ焼酎漬けを薄めた物)をスプレーしています。

野外に出る時はドクダミとヨモギをチェックしておくと便利です。
ドクダミは虫さされ(蚊もOK)、ヨモギは止血に効果抜群です。
ただしドクダミの葉っぱを皮膚に当てたままにすると
強すぎるので汁を塗るだけにしてください。
[PR]
by yamamotoyk | 2009-09-20 14:47 | 園芸 | Comments(6)
Commented by bananamama at 2009-09-20 17:18 x
痛々しいですね~お大事に(UU*)
Commented by のんこ at 2009-09-20 17:51 x
痛いでしょう・・・息子が小さかった頃毛虫にさされて大騒ぎしました。電流でも走っているような痛がりようでした。^^; お大事に。
Commented by すばる at 2009-09-20 18:15 x
イラムシでしょうか。虫の中で一番痛いです。
枝についている小指の先大のタマゴ型に幼虫が入っているので、両手に石を持ってつぶしています。出て来ちゃうとかなわないので。
お大事にー。
Commented by yamamotoyk at 2009-09-20 21:27
はい、bananamamaさんありがとうございます。
でも、ドクダミのお陰でもうなんともないです。
ちょっと痒いくらいです。
たいした威力です。
Commented by yamamotoyk at 2009-09-20 21:29
はい、のんこさん、子供さんが触ると大変ですね。
きっと火がついたような泣き声でしょう!
荒れた庭は危険がいっぱいです。
そう言えばスズメバチも時々飛んできますから。
Commented by yamamotoyk at 2009-09-20 21:31
はい、イラガの幼虫に触った時と同じでしたが、
確かめる暇はなかったです。
私もイラガだけは敵(かたき)のように
卵も幼虫も繭も何かで落として踏みつけておきます。
ドクダミサマサマです!
一度塗っただけでもうなんともないです。
<< 揚げずコロッケ 伊勢木綿展@星ヶ丘MONONさん >>