今日の着物

ずいぶん涼しくなりました。
シルクウールが気持ちの良い季節です。
c0021551_17563763.jpg

帯は着物地の端切れ2枚を別の帯の裏に使って
リバーシブル京袋帯(開き名古屋帯)にした物。
前帯は着物の色に合うように白っぽい方を出しました。
綸子でちょっと光るので帯としては可笑しいんですが、
ま、いいか・・・・
ところで、この着物は襦袢の襟が上手く沿いません。
生地が硬いか、繰り越しが少ないか・・・・
でも、ま、いいか・・・・

今日はちょっとお曇りさんで涼しいので、
極薄ではなく以前に作った着物肌着の初おろしをしました。
c0021551_23302150.jpg

自分には少々丈が長いかなと思ったのですが
ウエストで締まるのでちょうど良かったです。
ワッフル生地が多少肌触り良くない感じ・・・・ちょっと残念。
弘法様の市でハデハデ極安綿ローン(物は良い)を
たくさん買ったので、それで、また作ってみようかと思います。
(その前にわかりやすい設計図を書かねば・・・・)
[PR]
by yamamotoyk | 2009-10-14 18:05 | 着物 | Comments(4)
Commented by bananamama at 2009-10-14 22:10 x
茶道の先生が 今年の初めにご自分の綸子の着物をほどき
楊枝入れと茶巾入れを作ってくださいました。
「綸子はね・・・」と意味有りげで何の事だろう?と思いまして
ある時、大須の○福屋のお兄さんにその事を話したら
「綸子は、終わり~★」とズバリ言われました。
綸子の着物は、他の物に作り変えた方がいいらしいです。
着物にも流行スタリがあるんですね~
帯♪素敵です~
Commented by yamamotoyk at 2009-10-14 23:14
はい、bananamamaさんありがとうございます。
なるほど、綸子は終わりですか・・・・
ぴかぴか光るので素人さんには抵抗があるらしいです。
洋服の中では一層浮くのかもしれませんね。
しかし、どのみち着物は浮くのだから
それだけの理由で壊すことはないと思います。
Commented by bananamama at 2009-10-15 07:36 x
私もそう思います。
銘仙だって一時は、廃れたようですがブレイクしましたし~★
私は、母のお古の綸子、愛用してます。
近所の隅っこの呉服屋さんにウールの仕立てを頼んだら
「今時ウールなんて・・・」と言われて
腹立って持ち帰った事があります。
結局、難癖つけるのは呉服屋さんかな?
モスリンの襦袢+ウールの着物=暖かい~♪
Commented by yamamotoyk at 2009-10-15 21:35
はい、bananamamaさんありがとうございます。
どんなものにもそれぞれ良いところはある物で
そう言う意味からもいろんな物が残っていって欲しいです。
生物多様性、いえ、何でも多様性が良いんですよ。

ウールはカジュアルウェアとして本当に良いです。
暖かいけど、蒸し暑くない・・・・
真夏以外は(北海道なら多分真夏でも)
厚さを色々のウールが良いです。

呉服屋さんも商売なので
いろいろ事情があるんでしょうね。
<< 金木犀を味わう 雑草退治 >>