塩炒りぎんなん

スーパーに行くと、更にぎんなんの箱が増えていました。
買う人が少ないかも・・・・
だって、塩入ぎんなんでお酒が飲みたいのは
きっと中年男性・・・・(違う?)
世の人はぎんなんなんて面倒な物買いたくないかも・・・

そう思ったら、ぎんなんがかわいそうになって
思わずまた一箱。(まるっきり言い訳)
c0021551_2220766.jpg

皮を剥いちゃってから、ふと、昔
先輩に連れられていったお店で食べた塩炒りぎんなんを思い出し
ネットでちょっとググッて見ました。
なんてこと無い、殻に割れ目を入れたら割らないで、
そのまま塩と一緒に炒れば良いんだって。
そう言えば、あの時、出てきたのは殻付きでした。
おつまみにするにはちょっと手間が掛かった方が楽しいですよね。

ま、しかし、今回はもう殻を割っちゃったあとだし、
以前と同じ、そのまま塩と一緒に炒ることにしました。
c0021551_22242643.jpg

お箸でときどきかき回します。
そのままにすると焦げてパチッとはぜるからです。
全体に綺麗な緑になったら火を止めて
c0021551_2225429.jpg

利き手でない方に鍋つかみをはめて
ぎんなんをそっと握る感じで揉み揉み。
薄皮が取れます。これなら熱くないし。
実は利き手で揉んだら力がありすぎて潰しちゃったから・・・・
鍋つかみで小さいぎんなんをつまむの大変だから、
利き手でつまんで鍋つかみに持たせます。
c0021551_22275113.jpg

前回よりちょっと萎びてましたが・・・ほんのり塩味で美味し~!
色々レシピがあるようですが、
なんと言っても炒りたての塩炒りぎんなんが一番好き!
そう言えば、剥いたぎんなんをオリーブ油でさっと炒めて
塩をふるというのもありました。
それなら、しっかり塩味がついて美味しそうですね。

一回に40個以上(子供は食べない方が良い)食べると
中毒になりますからご注意。
ビタミンBの急性欠乏症の様になるらしいです。
[PR]
by yamamotoyk | 2009-10-21 22:34 | 食べ物 | Comments(2)
Commented by bananamama at 2009-10-22 20:31 x
祖父江・・・最初、「祖父様」という意味か?と思いました。
地名なんですね~
そちらにご親戚のいる知人から銀杏を今度頂ける事になりまして~
楽しみなんです♪
Commented by yamamotoyk at 2009-10-22 21:21
はい、bananamamaさん、ありがとうございます。
なるほど、祖父江町の名前を知らないと
祖父の字が目について、
おじいちゃんの何?と思いますね。
気づきませんでした。
祖父江町は名古屋の北にあって
ぎんなんで有名なんです。
結構名古屋の周りには
何かで有名な町が色々あるんですよ。
植木で有名な稲沢とか
レンコンで有名な立田村とか(愛西市になりましたが)
金魚で有名な弥富とか
七宝焼で有名な七宝町とか(食べ物じゃないけど・・・)

ぎんなんよかったですね♪
是非美味しいうちに処理して食べてください。
<< 娘七種 19日の着物 >>