日本伝統工芸展@名古屋三越栄店

ばたばたと忙しくしていて、危うく行きそびれるところでしたが
10月9日に行ってきました。アップ忘れていました・・・・(^^;)

あまりゆっくり見ている時間がなかったのですが、
見落とし無用は2点。
まぜごはんさんの刺繍着物と
同級生の友人の漆塗り。生地蒔絵のはず・・・・

どちらもちゃんとありました。
(まぜごはんさんのがあるのはわかっていましたが)

まず着物から見ていきます。
刺繍着物は3点ほどありました。
刺繍はどのような物がいい作品なのかよくわからないので
じっくり眺め写真も撮ってきました。
何も書いてなかったし・・・・(多分ダメと思いながら)
陶芸の所に行くとあちらこちらに撮影禁止と書いてあります。
陶芸は愛知県は盛んなのできっと撮影したい人がいるのでしょう。

だから内緒でちょっとだけ出します。
c0021551_21565954.jpg

どうです凄いでしょ?
写真で見ると、細かさが実感できます。
これは多分着ると帯の下になって見えない部分ですが、
眼で見ても見えないほどの精密さです。
いや~すごいなぁ~。
私にわかったのはその程度ですが・・・・

さて、友人の方はヒガンバナが生地蒔絵になった箱でした。
いや~、ヒガンバナ凝ってました。
赤い色漆を細い花びらにごつごつと盛り上げてさりげない迫力です。

もちろん、ささ~っと陶芸も人形も木工、竹製品も見ましたよ。
愛知県にいるので何とはなしに陶芸はなじみがありますね。
へ~、ではなく。フムフム、なるほどと見ることができますが・・・
でも、専門知識はないので実は的はずれに見ているかも・・・・
ま、いいか。
力作を毎年見せていただけるのは(しかも無料で)
(なかには国宝作家もいるし)有り難いことです。
[PR]
by yamamotoyk | 2009-10-22 22:09 | 外出 | Comments(2)
Commented by uzuz at 2009-10-22 22:44 x
ほぅっ、凄いですねぇ~
これが刺繍なんですね・・・
あまりにも細かいので、織りかと思ってしまいました。
思い通りの刺繍の帯が作れたら素敵だろうと、日本刺繍をやってみたいとかねがね思ってはいるのですが、完成するまでに時間がかかるものって、本当に苦手で、手を出す勇気が無いままです。
Commented by yamamotoyk at 2009-10-23 18:43
はい、uzuzさん、ありがとうございます。
写真で見て初めて糸が一本一本見えました。
伝統工芸展の出品作品は
やっぱすごいです、基本技術が・・・・

でもuzuzさんは仕事がキレイだから、
きっと綺麗な刺繍が出来ると思います。
小物に挑戦されれば(半襟の見えるところだけとか)。

私は・・・ダメでした。
きっと習いに行ってもダメだと思います。
根気はあっても正確さというか精密さがイマイチで。
<< 冬物衣料 チーズ・チキン >>