飛騨・美濃歌舞伎大会@各務ヶ原

行ってきました!念願の芝居小屋での地歌舞伎♪~

今日(10月25日)にあると
永遠のお子様計画’のkaechanさんのブログで知りました。
この地方で公共交通機関で行ける
古い芝居小屋での地芝居(歌舞伎)を
一度見てみたいと思っていたので、渡りに船と
朝もはよから・・・と言っても意外に簡単(所要時間1.6時間)でしたが、
c0021551_2210105.jpg

4点セット(地下足袋、傘、お弁当、歌舞伎扇子)で
いざ出発です。

さて、犬山から各務ヶ原線岐阜行き普通に乗り換え
苧ヶ瀬で降ります。
地図を見ながら何の目印もない道を進みます。
畑のあいだの細い道で念のため道を尋ね、無事たどり着きました。
駅から約2km、30分の道のりです。
c0021551_2291865.jpg

最初の鳥居をくぐり、進めば、神社が見えてきました。
c0021551_22131370.jpg

赤い橋を渡ると・・・神社の左手に見えるは確かに芝居小屋
舞台が南を背にしています。採光のためでしょう。
c0021551_2214121.jpg

おもてに回れば、もうずいぶん人が集まっています。
開演1時間前です。
c0021551_22155062.jpg

いきなり舞台が見えますね。木戸とか、ありません・・・・
天井を飾るのは、お祝儀(の金額等)を書いたビラ。
c0021551_2216186.jpg

自分の場所を確保してから、
しばらく周りを探検して時間を潰します。

最初は可児歌舞伎同好会の南部坂の別れ
大石内蔵助が討ち入り直前
浅野内匠頭未亡人・瑶泉院に会いに行く場面です。
なんとkaechanさんはその瑶泉院をされているのです。
c0021551_22234463.jpg

かわいい~上手~と観客の人の評判です。

あとは全部子供歌舞伎でした。
郡上市の高雄歌舞伎保存会の野崎村(お染め久松)
瑞浪市の美濃歌舞伎伝承教室の本朝廿四孝 十種香の段
村國座子供歌舞伎保存会の絵本太閤記十段目尼崎閑居の場
c0021551_22413132.jpg

それにしても郡上市の野崎村はダントツのうまさ。
お光役の中学一年生は、まるでお光その人のよう・・・
c0021551_2248593.jpg

浄瑠璃の義太夫さんと三味線さんがすばらしいし、
大向こうのかけ声もきまり、
たとえせりふが棒読みでも
客席のどよめきや拍手が場を盛り上げます。
お芝居の世界に引き込まれますね。

幕間に奈落の見学をさせてもらえるので行きます。
c0021551_22374389.jpg

これは今日は使っていないのですが、
人力で動かす回り舞台を下から見たところです。
この村國座は明治初期に作られ、
今年の春、傷んでいたところだけを新しい材料にして
昔のままの材木を使った大修理が終わったところなのです。

あぁ、しかし・・・脱いだ地下足袋におしりを乗せていますが
次第に足や膝が痛くなってきました。
悲しいことです・・・・
携帯用座椅子を加えた5点セットが必要ですね。
さて、電車は30分に一本なので、暗くなる前、
最後のお芝居の途中で帰ることにしました。
c0021551_2244758.jpg

帰りにタカシマヤに寄り(大北海道展でお弁当を買おうと)
トビウオさんに写真を撮って頂きました。
(帯は勧進帳)
ありがとうございました。
[PR]
by yamamotoyk | 2009-10-25 22:57 | 外出 | Comments(6)
Commented by るるる at 2009-10-26 23:18 x
綺麗な記事にしてくださって有難うゴザイマス。
当日はせわしなくて、写真を一枚も撮っていないので嬉しいです。
こんなふうに見えていたのですね。 *^^*
楽しんでいただけたようでよかったです。
遠いところ、本当に有難うございました。
Commented by yamamotoyk at 2009-10-26 23:32
はい、るるるさん、ありがとうございます。
そして、本当にお疲れ様でした。
私はまだまだ歌舞伎初心者で
筋書きもよく知らないので
一生懸命、せりふや浄瑠璃に耳を澄ませ
拍手をするぞとチャンスねらいに真剣勝負(笑)
お芝居に参加している楽しみを
存分に味わうことが出来て感謝感謝です。
大須歌舞伎が終わってしまって、残念なので
これからも情報よろしくお願いいたします。
Commented by りこ at 2009-10-27 17:03 x
地歌舞伎、面白そう!
地方には色々、小屋があるみたいですね。

にしても、勧進帳の帯とは!
さすが、うまこさんです^^
Commented by yamamotoyk at 2009-10-27 18:54
はい、りこさん、ありがとうございます。
岐阜県、愛知県は地歌舞伎の宝庫らしいです。
古い小屋もあちこちにあるようですね。
交通が不便なのが難点ですが。
どこも後継者不足だそうですが、
色々工夫して頑張っているようです。
昔の小屋で見るお芝居、
役者さんをめいっぱい応援したくなる気分です。

この帯は大塚屋さんの布です。
一幅で2枚の絵柄があり
これは弁慶↓
http://umacco3.exblog.jp/7350372/
もう一枚の富樫↓は友人の所へ行きました。
http://umacco3.exblog.jp/7322741/
Commented by トビウオ at 2009-10-27 22:44 x
お立ち寄り頂き、ありがとうございました。
うまこさんのアイデアはいつも素敵です!

地歌舞伎、面白そうですね。
あちこちアンテナ張り巡らしていますね。
ブログで楽しませてもらっています。
Commented by yamamotoyk at 2009-10-28 17:49
はい、トビウオさん、ありがとうございます。
思いつきばっかりで、自分が楽しんでいます。
はい、面白そうなことを順番に探検に行ってます。
アンテナを磨いていると良いことが呼んでくれます。
感謝の気持ち、ブログでお裾分け。
楽しんで頂けると私とっても嬉しいです♪~
<< 錦秋の予感 アップルパイ >>