七草

今日は七草がゆの日です。
ネットで見ると6日の夜から一晩中唄を唄いながら
七草をとんとんと刻んで、7日の朝の粥にするとか・・・・
その時に唄う囃子唄が
今長唄で習っている娘七種の後半に出てくる
しったん、しったん、どんがらりどんどんがらり・・・・・
唐土の鳥が日本の土地に渡らぬ先に・・・・とんとん・・・・
と同じなんだそうで・・・・

中国から渡ってくる悪い鳥が疫病を広めるので
日本の土地に着く前に海に落としてしまえと
七草をとんとんと一晩中叩いて刻むのだそうで・・・・

これって鳥フル?昨年はやった豚フルより
一段と強烈なインフルエンザ・・・・
昔の人も知ってたんだぁ~!・・・・・って、本当かなぁ

で、長唄の最後は怨敵退散国土安穏で、めでたしめでたしですが、
お正月が来る前に新型インフルエンザも
収束に向かってめでたしめでたし。どこか似てますか?

しかし、7日、木曜日の今日は
とても朝からのんびりと七草がゆを食べている暇はないので
夕食に七草を入れた色々混ぜ混ぜスパゲッティー
c0021551_23221459.jpg

と相成りました。
一応ちゃんと生の七草パックを使いました。
c0021551_23234056.jpg

スズナすずしろナズナ、まで切ったところで、
いや、確認をばと思って調べると
ゴギョウだけが見つかりませんが・・・・
ま、あったと言うことにしておきましょう。
[PR]
by yamamotoyk | 2010-01-07 23:26 | 食べ物 | Comments(5)
Commented by オオバ at 2010-01-08 00:17 x
うまこさん、推理当たってるようですよ~。
茶懐石料理の先生より教わったのですが、
渡り鳥のルートは、唐土(中国方面)から、
この渡り鳥が鳥インフルを連れてくると言われてますよね。
そしてこの渡り鳥が日本の空を飛び、
ウィルスが撒かれウィルスにとって都合の良い時間が夜。
なので宵越で行うのは、鳥が近寄らないようにと。
よく言われるのが、夜に洗濯物を干すなと言うのは、
渡り鳥が運んでくるウィルスが洗濯物に付着するので避けた。
と、いう意味が含まれていると教わりました。
※すいません、話しの精度はちょっと劣るかもしれません。

でも、でも、ワタシはびっくりです!
唐土の鳥…が長唄であるとはまったく知らず、
茶懐石の先生が子供の頃(軽く60年前)歌ったとしか聞いてなく、
うまこさんが書いてくれたので、
ワタシの中で「うわー繋がったー!」でございます。
ありがとうございます。すっこく嬉しいです。
今年もうまこさんのブログは、ワタシにスマッシュヒットです♪
Commented by yamamotoyk at 2010-01-08 10:26
はい、オオバさん、ありがとうございます。
ネットの力は偉大ですね!
夜まで洗濯物を干すのは
夜の商売(もっと直接的な言い回し)の人だから、
ダメだと嫁(私の母)が姑(私の祖母)にしかられていた、
と親戚の者に聞きましたが
ウイルスが関係していたとは!
昔なら寝静まった夜ウイルスが落ちてくる
ってことは十分あったでしょうね。

いや~、昔の言い伝えは
当たらずと言えども遠からず。
色々、発見があって面白いですね!

一部古い人間の私
知っていたり覚えた昔のことを
チラリチラリと出すのもまた良さそうですね!
Commented by yamamotoyk at 2010-01-08 10:39
オオバさん、追伸です。
茶懐石の先生が子供の頃歌ったのは
長唄ではなく、本物の七草を切る時の囃子唄で
長唄がその囃子唄(と切る時の音)を取り入れて
娘七種を作ったのだと思います。
七草の囃子唄は、茶摘み唄や田植え唄のように、
当時は誰でも知っていたんでしょうね。
Commented by kiko-funfun at 2010-01-09 21:33
うまこさん
わーますます驚きっ!
調べてくださってありがとうございます。
知の連鎖が広がり、
いろんな事とリンクしてくるのは、本当に楽しいです。
いつか、うまこさんの長唄で七草の囃子歌を聴いてみたいですねぇ…
Commented by yamamotoyk at 2010-01-09 22:29
はい、オオバさんありがとうございます。
もし水曜日(27日)午後に時間がとれれば、
是非、栄に来てください。
今年のお弾き初めに娘七種、
唐土の鳥も省かず演奏します。
<< ネタばれ@コスプレ賀状 今日の着物と半襟 >>