泣いた弁慶

お弾き初めの勧進帳ではタテ唄の一人になっています。
つまりソロ部分が何カ所かあると言うことです。
大薩摩や、調子の良いところは結構得意なんですが
ゆっくりと聞かせる所を唄うのは苦手です。

中でも苦手の部分が当たってしまって
年末からずっと苦労しています。
勧進帳の一番の泣かせどころ、
弁慶が関守を欺くために義経を棒でさんざんに打ったあと、
申し訳ないと泣くという場面です。

唄はゆっくりのはずなんですが
譜面では細かい音が並んでいます。
しかも、いくらゆっくりと言っても、
素人の唄と演奏では限度があります。
つまりゆっくりのはずなのに実は音はころころと早いのです。
息継ぎする時間が足りません。
主旋律はゆっくりですが節が早いとでも言うのか
演歌のこぶしが回っているような感じ・・・・

でもでも、そう言うのって出来ない・・・・です
旋律と節を唄い分けることはできませんってば!

しかたなく、まず旋律を覚えました。
節を全部省略しましたね、と言われましたが・・・
しょうがないので次に細かく音を付けて
手で、三味線のリズムを刻みながら唄をはめ込みました。
それを丸覚えしましたよ。

今日の午後は丸覚えしたのを何度も何度も唄って・・・
途中でお裁縫をしながら唄うとお裁縫を間違えるので
縫うことに専念して休憩して唄うと・・・う!忘れてる。
唄えない・・・・音が取れない・・・・
もっかい譜面を見て復習。

しばらく続けると本番でも迷わず唄えるかしら?
明日の朝まだ唄えるかしら?忘れるんだよね・・・・
それに、リズミカルすぎて情緒不足かも・・・・
[PR]
by yamamotoyk | 2010-01-18 23:25 | 三味線 | Comments(4)
Commented by bananamama at 2010-01-19 07:23 x
お稽古は、楽しい中に厳しいものがある・・・と思います。
頑張ってください。
私も頑張ります。
Commented by yamamotoyk at 2010-01-19 18:39
はい、bananamamaさんありがとうございます。
お稽古と言っても、主婦のお遊びですから
そんなにシャカリキになることはないのですが
ついつい、ムキになるタチで・・・・

bananamamaさんも頑張ってください。
Commented by のんこ at 2010-01-19 19:56 x
弁慶か。 ^-^ あの 場面 泣けるんですよ 今でもジーンときちゃいますう。それが歌舞伎であれ、ドラマであれ。^^; なんででしょうねぇ。子供のころ見た尾上菊五郎の義経と緒形拳の画像が強烈に頭に残ってますわ。^^;
Commented by yamamotoyk at 2010-01-20 22:04
はい、のんこさん、ありがとうございます。
泣かせる仕掛けたっぷりの場面ですよね。
でも、ちゃんと唄おうとするばかりで・・・・
泣けるように唄わなきゃいかんかしら。

実は尾上菊五郎の義経が、どうにも好きになれなくて。
そういう好みに敏感なお年頃だったかも・・・・
<< 寒中お見舞い 帯 >>