日の出

いつも朝6時30分に起きて部屋の雨戸を開けます。
お正月過ぎは真っ暗でいかにも冬~・・・・と言う感じでしたが
最近では東の空がちょっとオレンジがかって明るく、
毎日それが少しずつ明るさを増しているので、
いかにも嬉しい♪~

さて、一日が一番短いのは冬至と聞いています。
しかし、日の出は冬至が過ぎてもなお毎日遅くなり、
反対に日没は冬至よりかなり前から日に日に遅くなっている・・・・

と言うことは知っていましたが、ではいつから?
と、前々からちょっと気になっていました。
ちょっと調べると、実に便利なページにヒット。
場所と日にちを入力すると
日の出、日の入、月の出、月の入、惑星の出没南中を出してくれます。

さて、それによりますと
日没は12月の5日頃が4時40分で一番早い。
そして日の出は1月の7日頃が7時1分一番遅い。
明日朝は6時53分に日が出ることになっています。

さて、昔(小学校の時?)先生に聞いたのは
日の出の38分前から空が明るくなりはじめる。
日没後38分くらいはまだ明るい、ということ。
これによれば私が雨戸を開ける頃やっと明るくなるのは
日の出が7時5分くらいの頃、ということは・・・・
私が起きる時に真っ暗と言うことはない、ってことか・・・
確かに夜と同じくらい真っ暗な時に起きることはないですね。
ま、でもほとんど真っ暗に近い・・・

それが次第に明るくなって・・・・
嬉しいですね♪~
[PR]
by yamamotoyk | 2010-01-29 22:50 | 園芸 | Comments(0)
<< 新年会 歳時記 >>