名古屋長唄大会

今日は名古屋長唄大会です。
大会と言っても、別に競うわけではありません。
前半がそれぞれの社中の発表会で、
生徒さんや名取さんが出られます。
後半はその社中の先生方の演奏となります。
先生は黒紋付き(社中により固定柄)を着られます。
c0021551_21491088.jpg

以前は習っていない曲はみんな同じに聞こえて
必ず途中で居眠りしましたが、
かなり曲を覚えたり、聞き慣れたこともあって
あまり居眠りをしなくなりました。(でもするんだ・・・・)

それと、今回はまた笛というキーワードが増えたので
見所が増えました。
長唄に通常登場する笛二種

c0021551_2155527.jpg

こちらが篠笛とその指の様子。


c0021551_21562881.jpg

こちらが能管とその様子。

ちょっと人が違うので写真的に残念でしたが
特徴は変わりません。
いつも篠笛は左手の親指が見えなくて
能管は親指が見えるんです・・・・・
(意味は聞かないでください。単なる観察結果です)

もう一つ不思議だったのは
音を区別するのに西洋の笛のような音の切り方をしない、
というのがどういうことかわからなかったのですが
そう言えばぴ、ぴ、ぴと音は切られず
ピーひゃらひゃらなんですよね・・・・・
今日改めてそれが観察できました・・・・
(聞いたんじゃないのか・・・見たんか・・・・)

笛以外では
c0021551_2245183.jpg

この美人先生のヘアスタイル。
この唄の若先生、以前は半襟たっぷりの着方だったのが
最近大人しくなったと思ったら、
今度は髪の毛たっぷりの束髪ヘアー・・・・!
声はますます色っぽいし・・・・
(うふ、ステキです♪~ でも怖そうな先生です)
[PR]
by yamamotoyk | 2010-02-14 22:09 | 三味線 | Comments(2)
Commented by fuuki-no-botan at 2010-02-14 22:32
うわぁ~ステキな髪型ですねぇ
あたしもいつかこんな髪型でお浚い会に出てみたいです♪

本日無事にお弾き初め会が終了しました
Commented by yamamotoyk at 2010-02-14 23:22
はい、ぼたんさん、ありがとうございます。
そして会のご成功、おめでとうございました。
ぼたんさんなら、すぐ出来そうですよね、このヘアー。
ふわふわを輪にして髪で覆っていけばいいのかしら?
かなり典型的な束髪に見えるので
きっと髪結いさんなら出来そうですが・・・・
<< 今日の着物 フェイクファーショール試着 >>