高級寿司店

さて、行ったこともないような
高級なお寿司屋さんに行くことになりました。(私は付録)
全席カウンターの小さな所だそうです。
どんな着物にしましょうか。
変な着物は着ていけませんね。
かといってこけおどしもダメでしょう。
多少無粋、多少上品、多少おしゃれ。
となると上品な紬系。でもほどよい物がありません。
色々手持ちの着物を考えて・・・
おやちょうど良い物がありますよ。
c0021551_23111516.jpg

小紋ですが、嫁入りに持ってきた物を染め変えた物です。
更紗の感じのエジプト柄です。
八掛けは前の着物のままなので若い朱色です。
でも、着物が地味なので良いアクセントになっています。
帯は上品だけど派手派手しくない織りの名古屋帯。
履き物も脱ぎはしないけれど、上品な物を履いていきましょう。
足もとというのは案外見られる物です。
靴を脱ぐところではもっと気をつけなければいけませんが、
今日は遠目に上品な物で良いでしょう。
歩きやすい物にしました。行きは歩きだからです。
はい、お店の女性はきちんとした黄緑の色無地と
きりっとした柄の名古屋帯でした。
c0021551_23185492.jpg

写真はこれ一枚。厚く切ったショウガとトコブシのお寿司。
これがどうとか言う写真では全然ありません。
アサヒの熟撰と、冷酒(田酒、臥龍梅、十四代)
ビールおいしかったし、日本酒はそれぞれ違った味でした。
味見程度しか飲めないのが悲しいのですが・・・
おすし?はい、もちろんおいしかったです。文句のありようがない・・・
いやぁ~、酔っぱらっちゃいました。
恐竜の話、隕石の話、Jwalkと矢野きよ実さんは時事ネタですが・・・
最後にはモーゼの十戒と異教徒の話になってしまってごめんなさい。
[PR]
by yamamotoyk | 2010-03-11 23:58 | 着物 | Comments(0)
<< 季節の写真 今日のお稽古 >>