立てば芍薬

座っても芍薬・・・・
c0021551_19265990.jpg

残りの2輪も見事に開いたので活けましたが
気温上昇により、あっという間にしおれてしまいました・・・・
[PR]
by yamamotoyk | 2010-05-24 19:27 | 園芸 | Comments(2)
Commented by bananamama at 2010-05-25 07:50 x
美しい~♪
茶道の先生が「牡丹は木であり、芍薬は草である。」と話されてました。
「草の季節」だそうです。
草って・・・生えてると強いけど切花にするとすぐにしおれてしまうような
たとえばタンポポやスミレなんて・・・
人生、草のように生きていきたいです。
Commented by yamamotoyk at 2010-05-25 23:04
はい、bananamamaさんありがとうございます。
はい、芍薬は草です。
毎年、冬には地上部分は枯れて無くなりますが
春にはまた芽が出て花が咲きます。
来年の春に花を咲かせるため
葉っぱで養分を作って根っこに蓄えます。

草のようにしぶとく強く、
枯れて無くなったと思わせて
また春には芽を出し花を咲かせてください。
強い根っこのタンポポやスミレのように。

あ、根っこに頼らず
タネを作ってばらまくという手段もありますね。
ムラサキハナナはそれですね。
<< ドクダミ花ローション きもののリサイクルフェア >>