ハンカチ半襟

半襟は半襦袢に付けたまま洗濯するので
ついついいつも同じ半襟・・・
ちょっと合わないなぁ・・・と思ってもなかなか替えられません。

しかし、色の濃い半襟ばかりになって、
暑くなってきたら、それが暑苦しく見えるようで
でも、ポリの半襟のまま(つまり既製品のまま)では、
首周りが暑いので、え~っとえ~っと白っぽい木綿
と端切れの箱をかき回しても程よい物がありません。

ふと見ると使わないハンカチが目に留まりました。
ハンカチってちょっとしたことで貰ったり
(義理チョコのお返しかも・・・)
でも手を拭くのはタオルハンカチ、膝は手ぬぐい・・・
使うのはせいぜい気に入った色柄のハンカチだけ・・・
というわけで、使わないハンカチがむなしくあるのです。

あら、これいいじゃん。
しかもすごく薄手なので切らなくても畳んだままでよさそう・・・・
c0021551_18142738.jpg

というわけで、斜めに畳んで縫いつけました。

一つ失敗:
微妙に左右対称でなくて、
左の襟が白いところが見えていること。
でも端のレースっぽいところが見えるのでま、いいか・・・

反省:
短めの物を付けるときは左襟にやや長めに縫い付けましょう。

よかった点:
手ぬぐい半襟はよく聞きますが
布地の感じによってはごついんですが。
薄手のハンカチは上品。
それに手ぬぐい半襟って、切って使うんですか?
薄手のハンカチなら畳むだけなので、再利用が簡単です。
[PR]
by yamamotoyk | 2010-06-17 18:24 | 和装製作 | Comments(0)
<< バンバンジーを一工夫 クウシンサイ(空芯菜) >>