雨乞い☆天壇

北京の初日、故宮を訪れ説明を聞きながら歩くうちに
前方高いところに何か塔が見えました。
c0021551_2324369.jpg

その形が私の古い記憶を呼びます。
c0021551_23252258.jpg

切手にもなっている梅原龍三郎画伯の天壇の絵です。
天壇がどこにあるのかも知らなかったのですが、
ガイドさんに尋ねました。天壇によく似た建物ですね。
ガイドさん曰く、天壇は3日目に行くことになっていますが、
前方ではなく、後方になります、とのこと。
・・・・あぁ、行くんだ、天壇に・・・・
(団体旅行の場合、予習しない方が楽しいので知りませんでした)
・・・・続く

さて、ぢつは・・・・
上の梅原画伯の名前を梅沢と間違って書いていました。
間違いには無意識が出ると言いますが・・・・
そうです。きっと私の中では梅・・・と書いたとたんに
梅原ではなく・・・
c0021551_18383590.jpg
この人の顔がちらついていたに違いありません・・・
もう1人梅原と書こうとすると思い出すのは・・・・
c0021551_18391887.jpg
梅原猛サマ・・・
読み出すと面白くて止められないのですが、
ぢつはあまり読んでません・・・・

どうでも良いよけいな話でした(^^;)
[PR]
by yamamotoyk | 2010-06-24 23:30 | 外出 | Comments(2)
Commented by at 2010-06-29 10:30 x
時々拝見させていただいております。いつも楽しく工夫にとんでおられて、興味深く読んでおります。
本日の記事に「梅沢龍三郎」とありますが、「梅原龍三郎」画伯ではないでしょうか。失礼かとは存じますが、コメントさせていただいた次第です。
Commented by yamamotoyk at 2010-06-29 11:19
はい、潮さん、ありがとうございます。
おやまぁ、これは大失敗でした。(>_<)
書き(打ち)間違えです。
ご指摘のように梅原龍三郎画伯です。

これからも、書き間違え、思い間違え、思いこみ
細かいところも見つけて頂いてご指摘ください。
よろしくお願いいたします。m(_ _)m
本文も早速訂正いたします。
<< 北京の瓦屋根 今日の着物 >>