ウメ味噌

さて、庭の完熟ウメと同重量の砂糖を入れた味噌、
時々かき回していましたが
ウメの水が出てきてずいぶん流動的になってきました。
つまりどろどろってこと・・・・
これじゃウメ味噌でなくてウメ味噌シロップみたい・・・・
つけてみそかけてみそ(クリック)みたいと言えなくもないが・・・・

でも、あまりに緩いので新しい味噌を投入。
c0021551_217568.jpg

よくかき混ぜて・・・・
c0021551_21737100.jpg

小松菜にかけました。(これもおひ(し?)たしって言う?)
ちなみに魚は飛び魚の塩焼き。
安売りスーパーに沢山いたってことは豊漁だった?
腹出しして、でかい胸びれが切り取られてパックになっていました。

尻尾を切ったのは私。だって、オーブンに入らなかったんだもん・・・
なんだかシーラカンスみたいな形になって悲しいけど・・・

アメリカの魚屋さんで違和感があったのは
店員さんが腹出しはもちろん尻尾もヒレも
全部鋏で切り取ってしまうこと。
(腹はえらを切り取って出していました)
腹はともかく、尻尾やヒレがないのは
せっかくの尾頭付きの魚が・・・・・尾無しではねぇ・・・・・
と思ったのだけれど、たしかに尾やヒレはじゃまなだけかも・・・
(尾ひれが付く・・・というのは良い意味じゃないしね)
アメリカ人のドライな感覚の一端を見た気がしたのですが、
て言うか、むしろ自分の日本人としての
こだわりを感じたと言うべきか。
しかしあれから20数年、
日本は確実にアメリカ(多民族国家)化してますね。

それにしてもわが家の次男
この小骨たっぷりの飛び魚を相当な勢いで食べて
しかも結構きれいに中骨だけにしている。
あんた、上手に食べたねぇ!と感心すると
小骨を恐れず食べ進む!と言いおった。(*^_^*)

飛び魚って西日本の方ではダシにするくらいなので
(あごだし)結構身が美味しいんですよね、
と最近知りました。

天然モノの尾頭付きの魚をスーパーで見たら
なるべく買おうと思ってます。
売れなきゃ、仕入れなくなるし、
魚売り場が単調になってしまうと、
努力して魚を食べようとしているのに悲しいじゃない?
腹出しもしていないモノは努めて買うようにしています。
だって、新鮮かどうか確実にわかりますからね。

程よい値段でほど良いものが食べられるようにと、
私なりの消費者としての努力です。
以上余談です。

さて、本日、金山駅構内では
c0021551_21282589.jpg

岐阜県の物産展。(もちろん揖斐のお茶お買いました)
c0021551_2129157.jpg

もう名古屋では時期の終わってしまったウメがありました。
もう一瓶ウメ味噌を造ったら、一年分ある?
なんと言っても安いウメだったから。
(普通のウメは高くてウメ味噌用に買う気がしない)

売り場のおばちゃんにウメ味噌のことを教えてあげました。
すると私の前にも1人ウメ味噌を造る
と言って買っていった人がいたとか。
ウメ味噌を初めて知ったと喜んでもらえました。
[PR]
by yamamotoyk | 2010-07-09 21:39 | 食べ物 | Comments(2)
Commented by bananamama at 2010-07-11 07:31 x
ウメ味噌って味噌ダレのようにスパイス的に使うのですね~
どんな味なんでしょう・・・
酸味が夏の味覚なんでしょうね~
Commented by yamamotoyk at 2010-07-11 21:12
はい、bananamamaさん、ありがとうございます。
スパイス・・・そうかもしれませんね。
甘酸っぱいお味噌、ご飯に付けてもドレッシングにしても
良さそうですが、多分私は魚のみそ漬けにしちゃいます。
甘味噌を結構たくさん使うので
いちいち作るのが面倒で
まとめて作っておけば、便利かな、って。
<< フォーか? なみの帯留め(ではない?) >>