町内のお通夜に着物

元の写真データを発見。
これは2010年9月27日の記事でした。
ほとぼりが冷めたら、元の日付に戻します。

今日は町内会のお通夜
朝はお天気だったのが次第に曇り・・・雨の予報が・・・

最初は昨日の茶の色無地に黒羽織・・・・のつもりが、
雨に着るほどどうでもよい着物ではないので
c0021551_21482491.jpg

舞台と同じ藤色のポリの単衣色無地。
昔どこかで見つけた楊柳の黒紋付き羽織
裄がかなり短い・・・・(^_^;)

雨だし裄も短いので
黒ポリ紗羽織を着てみたが・・・
c0021551_21523890.jpg

紋が無くて透かし柄があると、こんなにも雰囲気が違うなんて・・・
一挙に喪服ではなくおしゃれ着になってしまう・・・・

身内でない者が葬儀に着物を着る時は
色無地・・・・と言うのが通常らしいが
一般の人には喪服の中に色があるのに慣れなくて
色々問題視するというのが問題になっています。
気の毒だったのは元大関貴ノ花である二子山親方の葬儀の時・・・・

なので私は必ず黒紋付き羽織を着ます。
これならぱっと見て黒いし、しかも多少の色があるので
親族に間違われることもない。

それにしても着物を選べる普段の時と違い
儀式の装束は天候を選べないので
このような時ほど濡れても気にならない物が必要ですね。
とりあえず、今回着た黒羽織の裄について考える必要あり?

さて、この記事ですが、実は12月6日ではなく、
ず~っと昔の記事をちょっと手直しした際に、日付が変わってしまい、
ここに出てきてしまったようです。
だって、変ですよね、単衣の色無地とか透け透け羽織とか(^^;)
でも、元の日付がわかりません(困った・・・日記代わりなのに・・・・)
なのでわかるまでここに残します。
コメント書いてくださった方が迷子になりますしね。
(それにしても困った・・・・コンピューターというのはこういう事故があるのが厄介)
[PR]
by yamamotoyk | 2012-12-06 18:46 | 着物 | Comments(6)
Commented by アゲハ at 2012-12-06 02:06 x
裄が短いとか逆に長いとかになると重ね着をした時に袖のおさまりとかが悪く、というか見苦しくなったりします?????

実はさっき暮れと新年に柄にもなく着物を着ちゃおうとあれこれ試着してたんですけど、長襦袢の振りがピョコンと出てしまうものがあって「?」だったんですけど。
Commented by しんのすけ at 2012-12-06 07:28 x
私も黒羽織り派です
袷のポリを探していますが、田舎の葬儀は寒いことが多くって・・・
親に貰った明るい紫は昨今色の問題でブツブツ言われることが多く・・・
無難に服で行けばいのに、もう喪服は無いし・・・
最近、雨の中愛昇殿・・・は、黒っぽいウールに黒半幅、黒羽織りで出かけました  そのほうが浮かないかな・・・そんな関係の方だったので
でも、自分にはすごく抵抗がありましたけど
Commented by buribushi at 2012-12-06 10:12
私も明日お向かいのお通夜です。
いまはお家でなさらずセレモニーホールですが、どっちみち寒い。
ズボン下重ねて、黒のセーターの上に黒のジャケットです。
風が吹きまくり、いまお通夜と葬儀の日時を記した「告げ」を町内に配って来たら髪が逆立ちました。
Commented by yamamotoyk at 2012-12-06 18:51
アゲハさんありがとうございます。
私も初めて自分で選んだ着物と長じゅばんの袖が合わなくて
悩んだことがあります。
裄が合わなかったんですね。
裄だけでなくて袖幅が違っていて飛び出すこともあります。
一度、裄と袖の幅を計ってみられると
原因がわかる場合もあります。
また、着物のたもとが長くて襦袢が短い場合にも
ひょこひょこ出ることもあるので
それもついでに計られるといいです。
原因がわかれば、対処方法もネットで調べがつくと思います。
実に色んな方法があるので参考になると思います。
Commented by yamamotoyk at 2012-12-06 18:57
しんのすけさん、ありがとうございます。
黒羽織便利ですよね。
最近は葬式もお通夜も皆さんまっ黒なので目立ちますよね。
真っ黒の着物はやはり心理的に抵抗がありますよね。
帯を少し白っぽくとかはどうなんでしょうか・・・・
葬儀場は寒かったり暑かったり、工夫がいりますね。
Commented by yamamotoyk at 2012-12-06 19:00
すばるさん、ありがとうございます。
そしてご苦労様です。
雪の降る季節、葬儀が増える季節でもありますよね。
どうか髪もいたわり、黒い帽子を探してください。
私は年中季節にあった黒い帽子が手放せません。
それと手袋、マフラーも。(どれも黒が準備してあります)
寒いのは何より体にこたえます。
<< 無事退院 お弾き初めに向かって >>