ギッターコレクション@松坂屋美術館

さて、仕事の合間を縫って行ったので
いつ行ったんだったか忘れてしまいましたが
アップする時間が無くて今頃になってしまいましたm(_ _)m
c0021551_1854176.jpg
最初このチケットやポスターを見て、
色がないなぁ・・・・と興味が湧かなかったのですが
何かの宣伝(テレビ?)で、きれいな美人画も見えたので・・・

さて、美術展はいくつかの種類に分かれます。
作家別や時代別、これは描く人を分類する物です。
テーマ別、これは見る人または見方で分類する方式です。
そして、今まであまり気づかなかったのが
集めた人別、これはコレクションをする人がわかる分類とも言えます。
もちろん集めた人別は作家別になる場合が多く
今回も江戸時代の絵画、
という描いた人別のコレクションにもなっています。

美術館も大きくなると
学問的な興味で、集まられるようにもなります。
しかし、個人が集めた比較的小規模なコレクションは
集めた人の趣味によってずいぶん趣の異なる物になります。
同じ江戸時代物でも
愛知県美術館に所蔵される木村定三コレクションは
なかなか癖のあるコレクションだったし、
白州正子のコレクションもやはりかなり癖があると思います。

今回のギッターさんの癖はどうでしょう?
アメリカ南部ニューオーリンズの眼医者さん。
1960年代に来日した際、買い集めた江戸絵画。
なかなか上品で正当派。良い趣味ですね。
これは当然でしょうね。
日本人ではなく、自分は芸術家ではないのですから。
なかなか大作かつ人間味のある絵がお好みのようですね。
この人はこの絵のどこが気に入ったのかなぁ~
などと見て歩くのが楽しかったです。
深山幽谷の中にもちゃんと人間がいるのがいいのかなぁ~
おじいさんの表情が実に豊かなのが良いのかなぁ~
伊藤若冲も精密に描いた物ではなく
デフォルメした物ばかりだったので、それが面白いのかな~
とかね。

と言うわけで初心者向けのわかりやすいコレクション。
終わりの方には彩色の美人画、風俗画もあって
“何でも鑑定団”でおなじみの有名作家がぞろぞろ。
墨絵、山水画が多かったのですが、
ほっとできる展覧会でした。
ギッターさんって愉快で人間大好きな方かも・・・・
[PR]
by yamamotoyk | 2010-09-28 18:37 | 外出 | Comments(2)
Commented by りこ at 2010-09-29 20:07 x
私も、うまこさんの発表会の後見て来ましたが、
結構面白かったです^^
見応えありましたよね~^^
Commented by yamamotoyk at 2010-09-29 21:35
はい、りこさんありがとうございます。
見応えありましたよね。
色が少なかった割りには・・・・(^_^)v
<< 秋はイクラ? 今日の着物 >>