桃山絢爛の美

お昼で仕事が終わったのでそのまま博物館に行きました。
雨だったので一旦、家に帰って着替えて・・・
というのはあっさり却下(^^;)
c0021551_183153100.jpg

予想通り洛中洛外屏風、の様な絢爛豪華な屏風も沢山ありました。
というか、これでもかというくらいのエネルギーで迫ってくるのですが
ガラスの向こう、結構遠くに立ててあるので
細かい絵が見えない・・・(T_T)
行かれる方遠くが見える眼鏡とか双眼鏡とか
そんな物があると楽しめそうです。

何が面白かったって・・・
本邦初公開という屏風ですが・・・
やっぱ、面白いのは風俗・・・(何期待しましたか?違いますヨ)
c0021551_1833042.jpg

桃山のゆるキャラ着ぐるみ・・・・とか
これはもちろん博物館内の本物を撮影したのではなくて
博物館外の通路の展示物ですが
ゆるキャラ踊り行列の様で、南蛮人に扮している人とか
でも着ぐるみはこの人だけで全く唐突にタケノコなんです・・・・なぜ?

闘犬、乞食、着物を干す女、床屋、山鉾巡行などなど
洛中の様子をこれでもかと描いてある屏風。

昔どこかで読んだのは
お城の中に住むやんごとないお方がたは
お城の外に出て一般の人々の暮らしや自然を見られないので
外はこのようになってます、と見せるため
あらゆる物を描いて屏風にしたとか・・・・
そうよねぇ~今みたいにテレビや写真もないから
例えば何かのイベントに参加したとき、
自分はどんなだったか見たいですよね。
今なら写真を誰かが撮ってくれますが
当時だったら絵を描いて貰わなくちゃ・・・ね。
なんてことを思いながら、
合戦の様子、洛中の様子、何かの行列、花鳥風月、
を眺めたのであります。
もちろん、漆塗り、陶器、古文書、武具甲冑、城、
この変革の時代の理解を深めるものが豊富に並んでいました。

さて、外に出ると、まだ冷たい雨です。
c0021551_18511587.jpg

博物館の前庭に紅葉した木が一本。
[PR]
by yamamotoyk | 2010-10-28 18:53 | 外出 | Comments(0)
<< 白マーボー 今日の着物 >>