ウチワハギ(ウスバハギ)

一旦店を閉じていた近くのミニスーパー(もと公設市場)
再び名前を変えて(と言うか昔の名前に戻って)再開店。

経営も変わったんでしょうね。
多少中身が変わりましたが、レジのおばちゃんや店員さんも
また戻ってきて、仕入れ先も一部同じで・・・・
でも、お魚屋さんとお寿司屋さんは変わりました。

お寿司屋さんはスーパーが閉店した後すぐに
近くで独立したお店を開いたので戻らず、
お魚屋さんとお寿司屋さんが同じ系列で入ったのです。
お魚屋さんを任されているのは若いお兄ちゃん
元気の良さで売ってます。ちょっと目新しい魚や
前よりちょっと上等そうなお魚も眼にするようになりました。
前は大量に安い魚を置いてましたが・・・
そんなにようけお客さん来おへんって・・・・・
で今回見つけたのは・・・・
c0021551_1858086.jpg

ウチワハギって書いてありますよ。
見るとお刺身の所にウチワハギって書いた白身が並んでいます。
肝の一部も入っています。
これはそのお刺身を取ったあとのアラですね。

で・・・・
c0021551_18592618.jpg

鍋になりました。
その前にちょっとだけ身を生でかじってみました。
だって、お刺身の残りだから新鮮だものね。
お刺身はちょっと大味な感じですね。
でも、お鍋はとってもおいしかったですよ。
パックに入っていたのは2つにかち割った頭1尾分と
中骨やら縁側部分やら、何てことない身が少しでしたけど・・・・
でかい頭なのでさらにいくつかに切って鍋に入れましたけど・・・・

どこかで、白身の魚はポン酢で食べたい・・・と書いてあるのを読んだので
今回は醤油とレモンとお酢を少々混ぜたつけだれで頂きました。
(長男がポン酢はレモンと酢を混ぜろとうるさいんです)
夫婦2人だけのちょっと簡単なごちそう、お酒が美味しいおじやも美味しい♪~

うちわとか、うすばとか、薄い名前のカワハギですね~
これが頭だとすると確かに薄っぺらい。薄っぺらくてでかい!
ネットで調べても団扇を思わせるような丸い形ではないので
これは団扇みたいに薄い、という意味なんでしょうね。

これが美味しかったので、次の日は本カワハギを鍋にしちゃいました。
また?と夫が言ったので、でも美味しかったでしょ、と無理矢理。
これは肝も入っていたので、ぢつは私こっそり独り占め・・・・
(また鍋?なんて言う人にはあげないもん)
[PR]
by yamamotoyk | 2010-11-22 19:11 | 食べ物 | Comments(2)
Commented by ぼん吉 at 2010-11-23 03:59 x
この時期、というか、これからの時期、「また鍋?」は禁句です。
だって簡単で便利だし、野菜がいっぱい食べられて健康的だし、
何より暖まるってのがうれしいぢゃありませんか。

ってなわけで、ぼん吉ファミリーは3日鍋が続いても平気です。
ただし、3日以上はまだ未体験なんで、どうなるか保障は出来ません。
そのバヤイ、「また鍋?」と言われても笑って済ませるしかないかも
しれません。そこで笑える心の余裕が有るならレッツトライ!

ボキには、その余裕無いかもしれません。ハイ(大汗)。
Commented by yamamotoyk at 2010-11-23 22:40
はい、ぼん吉さんありがとうございます。
思うに縄文時代から日本人は鍋を食べてきたのではないか・・・
例の縄文土器は鍋料理用だったとか・・・てな説も・・・・

味や具材を替えるときっと何日でも続きそうですよね。
昨今ではずいぶん色んな鍋のつゆが出てますものね。

大食らい4人で鍋はつらい物がありましたが
子供達が独立して夫婦2人になると
ますます鍋料理が増えそうです。
また鍋料理を工夫してみましょう。

ところで、地下足袋とハーレムパンツが活躍したそうで
良かったですね!
元がとれるようにせいぜい使ってください。
<< 紅葉@岩屋堂公園 歳時記(旧暦10月16日) >>