第三回全国青少年長唄まつり

上記のような立派なタイトルの演奏会です。
私は長唄講習会受講者という肩書きで、参加して、越後獅子を唄いました。
受講者並びに裏方見学体験団(苦笑)でもあります。

しかし、タイトルに恥じない内容として、
本当に数多くの若者が演奏していました。
我々受講者は若者の胸を借りてどさくさ紛れの参加(?)
ま、とにかく・・・・ご覧ください、例えば、
c0021551_21451618.jpg

向かって左端の子は年中さんですって。
お隣も小学二年生。とっても大きな声で大層立派でした。
一人置いて4人目から8人目まで小学生から大学生まで。
前列右の人も実は中学三年生。

こんな感じで11番まであったのです。
そして、感謝状授与で・・・・
c0021551_2223917.jpg

こちらは小学1年生。カワイイ~
見事な五つ紋の付いた振り袖で、たった一人で供奴を唄いました!
でもどこか歌詞が巧くいかなかったとかで悔しそうな様子だったのです。
(聞いていましたが気づかなかった私・・・)

いつもの美人先生今日は・・・?
c0021551_21571455.jpg

今日の髪型はシンプルに前が盛ってありますが、
半襟が帯に合わせてありますね。
帯はキラキラしていますが、これはいわゆる“ 制服 ”(流派統一の帯)です。
こういうときは基本白(っぽい)半襟かと思えば、さすが、美人先生でした。
ペイペイは決して真似できません。

さて、私の出番の写真を撮ってくださった方に頂きました。感謝です。
c0021551_2140482.jpg

なかなかの人数でしょ?とっても立派な出来でした☆
中学生のパワーは本当にすばらしいです。

いやぁ~充実の1日でした。
しかし、例の事業仕分けで予算が無くなり、
今年は名古屋開府400年記念の予算で運営できたものの
次からはめどが立っていないのだそうです・・・・あらあら・・・

さて、今日来て頂いた皆様に感謝いたします。
本当にありがとうございました。
[PR]
by yamamotoyk | 2010-12-19 22:09 | 三味線 | Comments(0)
<< 今日の着物 忘年会 >>