籠バッグ改良

さて、例のニュー籠バッグ
結局人手には渡らず、さらなる改良となりました。
というのは、バッグは気をつけないと中の物が落ちる危険があるので
(もちろんスリというのもありますし・・・)
口をきちんと締めたいのですが、
ファスナーを付ける方法がイマイチ思いつかなかったのですが、
良いこと思いついたんです☆

結論:
c0021551_22235683.jpg

なんと、中袋の底をもう一度解いて
巾着のような紐を付けちゃったんです!

ええっ?
お財布などの大事な物はこの巾着の中に入れます。
手拭いとか紐付きのケイタイやパスケースは巾着の上でも可能、と言うわけ。
もう少し細かい改良がしたいのですが、とりあえず・・・・
これでお財布が知らない間に落ちる心配もなくなりました。
[PR]
by yamamotoyk | 2011-06-16 22:29 | 手芸 | Comments(4)
Commented by bananamama at 2011-06-17 06:39 x
ナイスですね!
ファスナー無や口の開けっ放しのバッグは使いません。
(エコバッグ以外)
どうしても~となると巾着や口を閉じるように細工します。
安心第一です!

つい先日、娘が地下鉄の駅でマナカ購入時、
パスケースをちょっと台の脇に置いき マナカ購入手続き。
さて、新しいマナカをパスケースに入れよう~と思ったら 
すでに・・・なかった(涙)らしいのです。
どこで誰がみてるのか・・・?怖いですよ~
Commented by しんのすけ at 2011-06-17 11:49 x
思いつきって楽しいですね
杏仁・・・小穴で千枚通しがぐにゃっといってしまって・・・では・・・と、ねじ穴をあけるT字型ドライバーでぐるぐるやったら、すごく簡単にできました
なんにでも急所はあるものなんですねえ  
ありがとうございました
Commented by yamamotoyk at 2011-06-17 21:28
はい、bananamamaさんありがとうございます。
本当に何事も用心用心
年をとるとますますうっかりが増えるので
工夫が必要になってきますね。

持ち物からは目を離さないか・・・紐付きに・・・・是非★
Commented by yamamotoyk at 2011-06-17 21:54
はい、しんのすけさんありがとうございます。
ぐにゃといった千枚通しと比べて、
焼き入れしてあるドライバーはやはり強いんですね。
アンズのタネの急所ですか。
牛をさばく牛刀を筋に沿ってさばけば刃がこぼれない
というあれと同じですね。
<< 歳時記(旧暦5月16日) 歳時記(旧暦5月15日) >>