今日は対丈

さて、十五夜は過ぎてしまったけど、
きっとまだ兎さんはお月様で餅つきをしていると信じて・・・・
c0021551_18525662.jpg

朝から暑いので、麻しか着る気になりません。
この時期月ウサギ帯に合わせるには単衣の白紬着物にしますが、
今日は例の白麻絣を着ることにしました。(クリック1 クリック2 クリック3

まるっきりの対丈着物なので腰紐無し。
コーリンベルトと伊達締めだけ使用してます。
袖山の感じがどんなんか、側面も撮ってみました。
襟を抜いて着ているわけではないのですが、
長襦袢の襟は抜いているので多少は衿が抜けているのでしょうか、
ちょっとだけ袖山が後ろに回っているので
袖口のラインもちゃんと女性の着物らしくなっていますね。
衿も程よく抜けているので、お端折りをことさら見せるようにしなければ、
(上の写真のように)全然違和感ないですね。
あ、もちろん衿が肩山より4cmも後ろに行ってるから、
着方で襟を抜いて無くても抜けているように見えるだけなんですけど。

NHKのこれであなたも着物美人。かなぁ~、
今本屋さんにあるのを立ち読みしていると
短い着物は対丈で着よう、と言うところに
お端折りを帯に隠して着ているのがあったけど
それは対丈ではないと思うけど・・・・・
端に着物が短くてお端折りが見えないだけじゃん・・・・
[PR]
by yamamotoyk | 2011-09-14 19:09 | 着物 | Comments(0)
<< 自動車関連 東海道五十三次 >>