菊帯デビュー

さて、今日は長唄の日。楽しい着物の日です。

私が着物を楽しむようになったごく初期の頃
母の羽織を解き洗いに出し
それで帯を作ろうと考え実行したのですが
芯地とかイマイチ良くわからずに作った帯のお太鼓部分が
腰がない割に分厚くてずっとイマイチ。
付け帯から長いのに作り替えても、長さ不足もあってやはりイマイチ。

さて、先日前を歩くしゃれた着物の人♪~
すてきな型染めの菊の帯。
やや紅型風、いや京型染めかなぁ~・・・いいなぁ~・・・
でもどこかで・・・ちょっと似た感じの帯を・・・・
そう言えば自分だって似た帯持ってるんじゃん!
と、俄然、菊帯の改良に乗り出しました。

いえね、残りの反物を何か固い布で補強・・・・
あぁ、袋帯を壊した残り布がありますね。それで裏打ち。
すっきりしたお太鼓部分ができました。
タレはやはり解いて今回は自分で洗い張りしてあった輪奈コート地(!)
ちょうど良い短い端切れがありますね。
早速本日デビューです。
c0021551_198299.jpg

帯裏地がやや短めだったのですが、ま、なんとか角出しができました。

午前中ばたばたしながら、どの着物に合うのか
部屋中着物だらけにして合わせた結果が上です。
帰ってからふうふう言って片付けたのは言うまでもありません・・・・
でないと夜寝る場所がないでしょう?
[PR]
by yamamotoyk | 2011-10-12 19:17 | 着物 | Comments(0)
<< くまちゃんお洗濯 金木犀の香り >>