菱の実

いつもの八百屋にひしがありました。
自分は街の子なので初めて見ました。即買いです。
c0021551_1801092.jpg

でもヒシって、忍者の撒くマキビシのような形なんじゃない?
このヒシとがってないし・・・イメージが違いますが・・・・
どうやら種類が色々あるようです。

さて、パックの中に調理の仕方が書いてありますが・・・・
塩を入れて茹でる、20~30分。
栗のような感じでご飯に入れても、そのままでも美味しい。
・・・って、これは知っている人向けの説明ですよね。
だって、この固い物が茹でただけで食べられるとか誰も思わないし、
茹でたあとどうするの?って思いません?

ネットで調べました。
この殻は結構分厚くて固いらしい。切るとか、ぱかっと割れるとか・・・
今までの私なら、包丁で取りかかって腹を立てたかもしれません。

しか~し!例のホームセンター閉店セールで思い切って買ったんですよ、
栗剥きはさみ。
高いので本当に必要か悩みました。栗剥くのに絶対必要ってこと無いし・・・
c0021551_1863121.jpg

でも、このでっかいヒシの実には威力発揮でした。
最初は平らに見える方から剥きましたが、
結構中の実が壊れるので、
慣れてきたら、またの所とか角の方から剥くと取り出しやすかったりして。
もう一度記念写真。
c0021551_18243359.jpg

またの所にまるで栗のように芽?があるのが面白い。
殻もちゃんとその部分がとがってるんですよね。

さて、味は?塩茹でしたのでほんのり塩味。
栗のようにほくほくしています(やや栗より堅い)。
小さい実はシャキシャキします。
よく見ると表面に薄い半透明の部分があって、大きい物はその部分が薄く
小さい実はそれが大きいのでそこがシャキシャキするようです。
(ちょうど早取りの落花生を茹でたときのよう。
しっかりピーナッツのようになった落花生と
まだ熟してない実は繊維っぽくてシャリシャリするんです)

さて、その日は例の鯖寿司をしたのでひしご飯にはせず、
少しけんちん汁に入れて、少しはそのまま食べて、
残ったのは飴炊き(加賀のクルミのように)にしたつもりが・・・飴にならなかった(^^;)
男衆に嫌われたので次の日、自分のご飯に載せて食べちゃいました。
[PR]
by yamamotoyk | 2011-10-26 18:41 | 食べ物 | Comments(0)
<< 今日の着物☆天体帯 ガロンレース(またはガロンテープ) >>