冬瓜のあんかけ

冬瓜が中途半端に残っています。
だんだん萎れていくのでなんとかしたいけど、
なんだか時間が掛かるイメージで、敬遠していましたが食べる物が無い・・・・
ということで・・・・
食べやすいサイズに切って皮と種を取り除いた冬瓜と
他にはニンジン少々、干し椎茸、生椎茸、昆布、ギンナン、みじん切りネギを煮て、
ダシの素と中華スープの素少し(鶏肉がなかったので)
塩とちょっとだけめんつゆの素を入れ火が通ったら弱火にして、
最後少しの時間火を止めます(冬瓜に味が染みるのを期待)。

一方で豚肉(しかなかった)をみじん切りにして(挽肉のつもり)
炒め蒸しにして、食べる直前に冬瓜の鍋の汁を肉に入れて
やや味を濃いめに調整し片栗粉で堅めのとろみを付けました。

冬瓜と野菜を深めの皿(カレー皿)にいれて、
上から肉のとろみあんをかけました。
c0021551_18493762.jpg

ちゃんと冬瓜に味が染みていました。
いつもの短時間調理でも大丈夫のようです。
冬瓜を小さめに切ったのもよかったかな。
やや野菜が少なかったので食べ足りない感じですが・・・デザートに柿でも。

ネギのみじん切りはもう少したくさんお肉の方に入れればよかったかな。
ついでにキノコもお肉の方に・・・
つまり肉あんにも野菜を使い、
ニンジンその他形の崩れない物は冬瓜と同じようにもちょっと多めにすれば
たっぷり食べた気になるかな?
(一皿で済まそうという魂胆が・・・)
[PR]
by yamamotoyk | 2011-10-27 18:55 | 食べ物 | Comments(2)
Commented by りのりの at 2011-10-28 00:49 x
うまこさんの文章は遠慮がちで控えめですがなんのなんのおいしそうです。いつもさらっとおいしそうなものを作られますよね。本当のお料理上手な方なんだとおもいます。見習わなくては・・・・
Commented by yamamotoyk at 2011-10-28 20:58
はい、りのりのさん、ありがとうございます。
はい、きちんとしたお料理を作られる方からすると
なんだかとってもいい加減(悪い意味)なので、
(公に書くのは)とっても気が引けるんですよ。
だからついつい腰が引けて、控えめ表現に・・・・・(^^;)

でも味と栄養バランスには自信(やや過剰な?)があって、
(あ、短時間調理にも・・・・)
食べる人には“おいしいでしょ?”と押しつけてます。v(^^;)
時にはそれでひんしゅくを買うことも・・・・

今回は冬瓜な~んだ恐るに足らぬ、と思ったので
忘れないように書きました。
(でも、やり方を忘れると、また、味がな~いと言われるかも・・・・)
<< 京都展@タカシマヤ 庭仕事☆葉抜き >>