じゃがいもニョッキのレシピ

ちゃんと潰しじゃがいもを使ったニョッキの作り方です。

卵一個分のレシピです。今回、3人分くらいになりました。

卵1個、じゃがいも300gくらい。強力粉をじゃがいもの1/3の重さ。
打ち粉用小麦粉適当。、サラダ油(またはオリーブ油)必要量。

じゃがいも中3個~大2個くらい。皮を剥いて300gくらい以上。
(じゃがいもが少なすぎると卵一個では多すぎるので)
c0021551_22125029.jpg

今回は皮を剥いて小さめに切ったじゃがいもを
蓋付き容器でレンジでチン(85℃設定)しました。
もちろん茹でても良いです。
丸ごと茹でて皮を剥けば重さがわかりやすいですね。
熱いうちに潰します。
ポテトマッシャーで潰すので多少かたまりがあります。
滑らかなニョッキが良いときは裏ごしします。
すりこぎとすり鉢という手もありかな?

じゃがいもを潰したところに1/3重量の強力粉を入れ、
c0021551_2223440.jpg

さらに卵1個を割り入れて、捏ねないように混ぜ合わせます。
c0021551_2223276.jpg

ここで、卵が少なくてよく混ざらない(粉が残る)ようなら油を少しずつ足します。
卵が多すぎたり油でベタベタになったら粉を足せばいいかな。

全体をまとめて3等分くらいにしてから、
打ち粉をした場所で手のひらで転がすようにして紐状にします。
この作業でマッシュポテトのようだった生地が滑らかにまとまってきます。
c0021551_2228736.jpg

大体同じ太さにまとまったら、端からナイフで切っていきます。
c0021551_2229012.jpg

切った生地を潰すような感じで円盤状にします。
フォークで潰すのはかっこいいけど、こだわる必要もないでしょう。
c0021551_2231070.jpg

ここに写っているのは2/3量です。1人分は冷凍しました。

ここで、具を作ります。
夕食用なので、お肉とニンジンときのこを炒めて軽く味を付け
わさび菜というカラシ菜の仲間も最後に一緒に炒めました。
(今回のは生食にはちょっと固かったので炒めました)
ニョッキを茹で始めたら、炒めた具に市販のソースを投入。

たっぷりの湯が沸いたら塩を入れて、ニョッキを投入。
c0021551_22374333.jpg

最初沈んでいたニョッキが茹で上がると浮いてきました。
浮いてから一呼吸の後、湯を切り、
ソース入り具の中に投入。
c0021551_22394372.jpg

ソースを絡めてお皿に盛ります。
c0021551_22401629.jpg


市販のニョッキは滑らかすぎて普通のパスタとあまり変わりませんが、
手打ちニョッキはじゃがいも感があって、ふんわりもちもち。
味にも深みがあって、とてもおいしいです。
しかも捏ねて伸ばして切って作る普通のパスタよりずっと簡単です。
寝かす時間も不要なので短い時間で出来ます。

具の味付けに市販の物を使えば、
一皿でおいしくて栄養バランスの良い物が出来ます。
家にはトマトベースのソースも買ってあるので、次回はそれで作りましょうか。
[PR]
by yamamotoyk | 2012-01-24 19:00 | 食べ物 | Comments(2)
Commented by buribushi at 2012-01-25 10:24
美味しそうですー(ゴクリ)、これ、私も出来そう、やってみますね。じゃがいもはあるし、粉も卵もあるし、あとは、えーと。
Commented by yamamotoyk at 2012-01-25 19:03
すばるさんありがとうございます。
時が時ならすいとんの一種ではないかと・・・・
すいとんより簡単でおいしいと思います。
おいしいじゃがいもであればなお一層。
次の日ソースなしでふりかけをかけて食べたら
マッシュポテト団子、って感じでした(^^)ゞ

凝ったレシピには混ぜ物に粉チーズとか塩とか入れますが、
基本の基本だけ(油もなし)にするとどんな料理にもなりそうです。
粉の量が変わるとまた味が変わってくると思うので
別にいもの1/3にこだわることもないかと思います。
<< 腹いせにニョッキ お弾き初めのあと >>