絞りの乱れリボン

今日は仕事関係の新年会です。
私は義理で出席するだけですが、(本当はそんなことではダメなのだけど・・・)
結構気を使うので、ほどほどにちゃんとした物を着ていかないと・・・・
訪問着を着ていけば問題ないでしょう・・・と思いつつ、
目に留まったのがこの総絞り。
所々に色が入っています。
何となく中途半端であまり着る機会がありません。
そうねぇ、これにしましょうか。
困るのが帯あわせで、色々袋帯を乗せてみますがどれも今ひとつ。
というわけで・・・
c0021551_22592525.jpg

この赤い花帯になりました。
ウールガーゼの洋服生地です。

小紋柄の着物ですが、まあ見事に柄が合わせてあります。
問屋街の呉服屋さんで、腕自慢のおばちゃんが自分で仕立ててました。
自慢するだけあるね、といつも思いました。
まだあのおばちゃん頑張ってるかしら?
もう十何年前の話です。
[PR]
by yamamotoyk | 2012-01-28 23:10 | 着物 | Comments(4)
Commented by bananamama at 2012-01-29 08:41 x
素敵な絞りのお着物ですね★柄、きっちり合ってますね!
1月は初釜モード、何処もかしこも絢爛豪華な着物の方々。
しかし、お稽古以外は着物をきているだけで
「今日は何の日?」なんて感覚を与えてしまいます。
大抵、付け下げ位が洋服の方と並んで違和感がないのかな~
と思い、「増やすならこの辺~!」とボーダーラインを決めつつ
あるこの頃です。
Commented by yamamotoyk at 2012-01-30 00:02
bananamamaさんありがとうございます。
はい、趣味と実益がうまく両立できるワードローブがいいですね♪~
Commented by uzuztama at 2012-01-30 15:50
本当にお見事な仕立てです。
まるで訪問着のように、違和感なく綺麗に柄が流れていますね。
腕自慢なだけはありますね。
Commented by yamamotoyk at 2012-01-30 23:21
uzuzさんありがとうございます。
見事に繋がっているので感心することしきりです。
うまく行って爽快だったでしょうね。
当時はそういうことがわからなかったので
申し訳なく思います。
<< 谷屋さんで三千盛 インフルエンザに免疫強化 >>