寒肥

先日テレビをふと見ているとバラの寒肥の話をしていました。
良い花を咲かせるために冬の間に土作り。
2月になる前に穴を掘って牛糞2つかみに油かす1つかみ入れましょう・・・って。

ちょうど、次男家に行こうと思っていたところだったので
急遽、ホームセンターに寄って牛糞を買うことにして・・・・
庭作業をする時間まではないのでいつでも作業できるように
置いてきました。

で今日時間が出来たので作業に行ってきました。
c0021551_2304886.jpg

昨年植えたばかりの木々はまだまだ小さいので
それほど肥やしがいるわけではありません。
どちらかというと、土壌改良です。
木から30cmほど離れたところに穴を掘り、発酵牛糞を入れるだけで
油かすは入れませんでした。
代わりに庭の隅っこに溜まっていた落ち葉を入れて、
土を埋め戻しました。
機会があるごとに違ったところに牛糞や落ち葉を入れていけば
そのうち良い土になって行くでしょう。
自分ちでは生ゴミを埋めますが、
興味のない他人はそんな面倒なことをしてはくれないので
こうして地道にやっていきましょう。
幸い隣りのお寺さんから大量の落ち葉が落ちるようです。
今年は上手に落ち葉を利用する手段を講じましょう。
[PR]
by yamamotoyk | 2012-01-30 23:07 | 園芸 | Comments(2)
Commented by bananamama at 2012-01-31 08:29 x
真土は地固めには適していると建築の方で学習しました。
という事は樹木は根が張りにくいのでは?
まずは土壌改良優先は◎でしょう~
植物はこれから精力的に目覚めますよね、楽しみです^^
Commented by yamamotoyk at 2012-01-31 18:20
bananamamaさんありがとうございます。
真土(まつち)ですか?
耕作に適した土と辞書にはありますが、
目が細かいので撞くと固まるのでしょうか?
いずれにせよ、庭木のためには
土をふわふわにして有機質の多い土に替えていく必要があるので
土壌改良はすべての園芸に欠かせない、地道な作業です。
普通の人は気にしないんですけどね・・・
<< ヤブツバキ@歳時記(旧暦1月9日) はいはい準備 >>