大向こう体験@御園座

祭日の土曜日、御園座の歌舞伎観劇です。

今回、午後の部は白波五人男、弁天小僧♪~通し狂言です。
弁天小僧は浜松屋のシーン・・・知らざぁ言って聞かせやしょう、と
稲瀬川の白波五人男のシーンはよく上演されますが
一番最初とかは、滅多に見ないので、お話しがわかっていいですね~。

今回は、しかも、名古屋着物クラブさんの
きものde歌舞伎 二月花形歌舞伎 in 御園座
という催しなので、観劇の前に
「純庵 和の塾 歌舞伎を十二倍楽しむ方法!」という講演会があるんです☆
とっても勉強になりました。
例えば、通し狂言の場合だけ
『青砥稿花紅彩画』(あおとぞうし はなの にしきえ)というのだとか、
弁天小僧の出がある場のみを上演する際には
『弁天娘女男白浪』(べんてんむすめ めおの しらなみ)と外題が替わり、
さらにそれを尾上菊五郎がつとめる舞台に限っては
特に『音菊弁天小僧』(おとにきく べんてんこぞう)と外題が替わることもある、とか・・・

さて、今日は大向こう体験ということで、天井席(3階)です。
c0021551_2373657.jpg

とってもよく見えます。声もよく聞こえます。
花道も身を乗り出さなくても(半分だけですが)よく見えます。
純庵先生の大向こうのかけ声、とってもステキでした。
他の男性陣もがんばりますね。女性陣も頑張ってかけてますよ♪~
私は拍手専門。やっぱ、歌舞伎はかけ声とか拍手とかどよめきとか・・・
見る人も参加してこそ楽しんですよね~☆
最後に記念撮影☆
c0021551_2311175.jpg

大向こう体験ということで男性の参加が多くて楽しかったです。
女性は和髪の方も多く・・・
c0021551_2314189.jpg

着物に和髪ってやっぱ、いいですよね~
とくに美容院でバッチリ結ったというのではない自然な感じ、
好きです。(帯がまたいいですね)
[PR]
by yamamotoyk | 2012-02-11 23:19 | 外出 | Comments(8)
Commented by のんこ at 2012-02-12 10:49 x
着物って 後ろ姿も観賞できるから素敵ですよね~~~ ^-^
Commented by bananamama at 2012-02-12 12:05 x
午後の部も行きたいけれど 風邪><寒い、、、
画像で少し楽しめました。
やっぱり惜しいですね~御園座。寂しくなります。
Commented by としこ at 2012-02-12 14:22 x
先日午前の部で行った時 画像と同じ片岡珠子さんの緞帳を思わず携帯で写真撮ってきました
来週午後の部行く予定ですが 私も風邪がなかなか治らなくて・・・
大向こう体験楽しそうですね☆でも声は出せないなぁ・・・きっと
Commented by ぼん吉 at 2012-02-12 19:55 x
Q、「名古屋市科学館から一年通して最もよく見えるのは何座でしょうか?」

A、「はい、御園座です」

いいなぁ、仕事が無かったら行きたかったのですが・・・・・

御園座の2階席はかなりハイアングルになりますから、
舞台全体がとても立体的に見える代わりに、花道の半分が
見えないのがちょっと残念です。
建て替えになる前にもう一度見に行ってみたかったですねぇ。
次もいい劇場になるのを願ってやみません。
Commented by yamamotoyk at 2012-02-12 21:17
のんこさんありがとうございます。
本当に着物姿は後ろ姿がステキなのでありがたいです☆
顔出しに気を使わなくていいし、
気づかれず、楽しめますからね♪~
Commented by yamamotoyk at 2012-02-12 21:20
bananamamaさんありがとうございます。
御園座を応援するには行くのが一番ですね☆
しっかり風邪を治して是非またお出かけください!
Commented by yamamotoyk at 2012-02-12 21:21
としこさんありがとうございます。
多くの男性に大向こうを体験して欲しいです。
私はかけ声の多い歌舞伎が大好きですから☆
自分は思いっきり拍手をして応援します。
これもなかなか体力が要りますね。
としこさんもしっかり風邪を治してお出かけください☆
Commented by yamamotoyk at 2012-02-12 21:25
ぼん吉さんに座布団一枚!あ、もう一枚追加で・・・
土曜の夜でしたが残念でしたね。
講演会も含め、皆さんにお会いできて楽しかったです。
私はあとの宴会には出ず、女性数人でお茶して帰りました。
席は2階どころか3階、一番上、2階よりさらによく見えました。
ただ遠いのは事実で誰が誰だかさっぱり・・・・
(見えても知らない人なのでどのみちわかりませんが・・・)
<< お江戸の町人風のつもり・・・ 揚げ出し豆腐風 >>