喉保護スタイル

風邪は多分もうほとんどいいんですが、
引き続き喉を大事にしていこうというスタイルです。
つまり中にとっくりシャツを着て、衿を詰め、マスク・・・・という無粋なスタイル。
c0021551_18274446.jpg

一応春の気分の帯ですが・・・
なんだかね・・・慣れちゃうと・・・困ったもんだ・・・・
昔お手伝いのおばちゃんが
いつも首の周り(衿の中)にふわふわのスカーフを巻いていたけど
(あ、もちろん大昔なので当然着物です)
そんな感じ?
[PR]
by yamamotoyk | 2012-02-22 18:31 | 着物 | Comments(2)
Commented by しんのすけ at 2012-02-23 07:07 x
田舎なので・・・そんなお婆さんだらけでしたよ
小学校のころは、『いいとこの子』は、真綿を羽二重でつつんだものを首に巻いていたりしました  じきに見なくなりましたけど
最近三越の物産展で 『まわたの背負いワタ』 を見ました
暖かいだろうなと思ったけれど、私は肉が付いているのでこれ以上重ねられないんです
Commented by yamamotoyk at 2012-02-23 19:33
うふふ、しんのすけさんありがとうございます。
私の父は子供の頃、よく風邪を引いて
いつも首に何かをまかれていたという話でしたが、
そんなような物を巻かれていたんでしょうね。
背負いワタは今でも信州南木曽町で使われていると
ケンミンショーで紹介していました。
案外家の中で使うと暖かいのかも♪~
でも、もう春ですよね~☆
<< 黒ボア丸取っ手バッグ ドライゼロ >>