悉皆屋さんのお仕事

さて、タカシマヤ呉味の市でゲットした(衝動買いした)、(クリック
チョーお値打ち紬訪問着。
目立つ胸の所のシミを
同じ呉味の市に出店していた悉皆屋さんに出したのが、(クリック
今日帰ってきました。

さあ問題の胸の部分です。
c0021551_22502540.jpg

上が最初。梅の花の所に茶色のシミが付いています。
コレが一番目立ちますが、他にも薄いシミがあちこちに飛んでいます。
下が帰ってきたもの。きれいに取れていますね!

最初の話ではこの大きなシミはおそらく丸洗いでは取れないだろうから
松葉でも描き足して隠そう、と言うことだったのですが、
比べてみると、絵を描き足すことなく消えていますね。
よかったv(^^)/

描き足しではなく、染み抜きをしてもらえたのかな?
念入りにこすったりしますから・・・ということでしたが
それで消えたようですね。
描き足し代が染み抜き代になった、と考えましょう。
普通の丸洗いでは消えなかった可能性大ですし、
家の近くの高級クリーニング店はかなり色々やってくれますが
相当お値段が・・・・なので、結果オーライですね☆

他にも似たような茶色のシミがあちこちに飛んでいましたが
すっきりとキレイになっていました。
洗い代と着物のお値段を足しても相当お値打ちな掘り出し物なので、
散財?と後悔しないように、せいぜい活用しましょう。

さて、早速着てみました。
c0021551_230310.jpg

白仙境紬と命名しました。
さあ、どこへ着ていくかな?
[PR]
by yamamotoyk | 2012-03-21 23:15 | 和装製作 | Comments(2)
Commented by buribushi at 2012-03-22 14:17
いよいよデビューですね。帯は留め袖からでしたっけ、よく合ってすてきなひと揃いになりました。
アー私もきもの着なくては。
Commented by yamamotoyk at 2012-03-22 18:02
すばるさんありがとうございます。
はい、帯は反物状のいかがわしい(苦笑)留袖で作りました。
雰囲気はコレが一番合っているようです。
雪が消えて、ぬかるみが無くなったらきもの日和☆
いかがでしょうか。
<< ラッパ水仙 イカット帯デビュー >>