春日井の枝垂れ桜

JR春日井駅の南にエドヒガンの枝垂れ桜があるという情報ゲット。
仕事が終わった午後、ちょっと偵察。
JR春日井駅南の大龍院という火祭りで有名なお寺のようです。

春日井の駅で、ちょっとした失敗。
桜は駅の南にあるのですが・・・・・
c0021551_16114138.jpg

ホームのトンネル道を無視して改札を出てしまった。
名古屋方面から来たので改札を出るとそこは北出口。
人に聞いても誰も線路の向こう側に行く道を知らない。
 ったく・・・・シンジラレナイ。

地図を見て、線路を横切っている道路がある方(南方面)に行くと、
やっと線路をくぐるトンネル道路があった。
地図を頼りにまた駅の方に戻って、駅の南口に来ました。
c0021551_1616364.jpg

ごみごみとした北口とは雰囲気が違って、
広々、のんびりとした住宅街が広がります。
駅前ロータリーに続く広い道を南下します。

どこまで行きゃいいんだ?
拡大グーグル地図を事前にチェックしておいたので
お寺の横に水路があることがわかっています。
そして曲り角にはリカーショップも・・・
このあたりは木曜休みのところが多いようです。
リカーショップが閉店中、お店に気づかなかったものの
自販機が何台もあるのが変だな?と思ったのと水路特有の手すりに着目。
間違えずに角を曲がることが出来ました。
c0021551_16214671.jpg

水路横の道を少し行くと、近所の住宅とは違った怪しい雰囲気(^^)ゞ
ひょっとして?と思い角を曲がると・・・ありました!
c0021551_16225236.jpg

入り口を入っていくと・・・・
ネットで見つけた画像と似た風景を見つけました。
c0021551_1628713.jpg

しかし切り取られた画像で想像したのとはずいぶん違った風景です。

火祭りの場所なんでしょうか。境内の真ん中を占める炉というか・・・
桜はお堂横のお庭に植えられています。
各ネット記事によると、どうやら樹齢150年とか・・・
c0021551_16304030.jpg

周りの住宅は比較的新しい雰囲気、ここだけワイルドな雰囲気が漂っています。
ひょっとすると昔はもっと鬱そうとしたところだったのかも。

お堂の濡れ縁には猫ちゃんが、そして縁の上と下には薪が・・・
c0021551_1633885.jpg

撮った写真を見ると魚板のような物が写っています。
禅宗系のお寺で時刻を告げる時に叩くアレのようですね。
でもここは真言宗醍醐派らしいです。だからただおいてあるのかな?

怪しく曇っていた空が写真を撮り始めると、さ~っと晴れました。感謝感謝☆
枝垂れ桜の横にはまだ若いソメイヨシノも植えられ、
2本で桜花期を長持ちさせてますね♪~
c0021551_16443033.jpg

さあ、雨が降る前に帰りましょうと、出発するといきなりまた曇り。
千種駅では本格的な雨降りになっていました。
ちなみに大曽根駅の河津桜も千種駅の早咲桜も葉桜になっていました。

ちょっとした冒険の旅でした。
[PR]
by yamamotoyk | 2012-04-05 17:08 | 外出 | Comments(0)
<< イトヨリの昆布蒸し 桃の歳時記 >>