イトヨリの昆布蒸し

夕方、市場の魚屋さんにイトヨリが(値切られて)いました。
2人用ほどのやや大きめ。
このサイズの新鮮なイトヨリは珍しかったので、即、買いです。
煮付けかな?と思ったのですが、せっかくなので一応、検索。
c0021551_18565278.jpg

長崎産のイトヨリ。
鹿児島産より顔がとがっているという話もあるけど本当かな?
三枚におろしました。
c0021551_196560.jpg

おろし方がヘタでも気にしません。
だって、これ庭の餌ですから。きれいな花が咲きますように、って。

塩麹を全体に薄く塗り、昆布を挟んで1時間ほど冷蔵庫へ・・・
c0021551_1981316.jpg

食事の時間が来たら、
簡易蒸し器に薄切りレンコンと生椎茸を敷いて強火で8分ほど蒸しました。
レンコンを敷くのはお魚が蒸し器にくっつかないためと
一緒に食べるため(^^)ゞ 他の物が無かったし・・・
キャベツや白菜を敷くこともありますがレンコンの方が始末がいいですね。
c0021551_1984170.jpg

蒸し上がったら皿に盛りつけ
ネギの白いところを細く切った白髪ネギを上にのせて、
柚子ポン酢ジュレをかけました。

ジュレは下に落ちないのでいいですね☆
c0021551_19105586.jpg

もう一皿は新タマネギを繊維を切る方向に薄切りにして
鰹節をかけて柚子ポン酢ジュレをかけました。
今、新タマネギがとってもおいしい☆
c0021551_19173314.jpg

今の季節は水にさらさなくても大丈夫。(さらすと味が無くなる)
ここでも落ちないジュレが大活躍です。

あ、台湾産の枝豆も安かったので、それも一皿ね。
[PR]
by yamamotoyk | 2012-04-06 19:22 | 食べ物 | Comments(4)
Commented by buribushi at 2012-04-07 07:52
ごちそうがいっぱい。せめて新玉葱で真似をしましょうか。
イトヨリ、ちぬ、などという魚の名前は、林芙美子の小説で読んで知りました。
Commented by しんのすけ at 2012-04-07 09:01 x
上のいとよりの写真を見たとたん、酒蒸し!! と思ったので、嬉しかったです 柔らかでおいしいですよね
私は昨日大きなクロダイをとーっても安値でGET 同じ魚屋でいとよりもいたのだけど・・・5人で食べると3匹・・・うーん・・・でした
鯛は湯引きの刺身とこぶ締めに・・・なんだか似てますね
Commented by yamamotoyk at 2012-04-07 23:27
すばるさんありがとうございます。
名古屋でもイトヨリは時々見ますが、だいたい九州から来るんですね。
チヌは名前は聞くけど・・・と思ったら、クロダイのことなんですね。
どうりでこの辺の魚屋にいないわけだ・・・
きれいなイトヨリのお陰で華やかな夕食になりましたが、
ごちそうがいっぱいというほどのことはないです。
いつもの一皿料理に近いです(^^)ゞ
Commented by yamamotoyk at 2012-04-07 23:30
はい、しんのすけさんありがとうございます。
夫婦二人なので大きめのイトヨリ1匹(しかも見切り品)で
十分でしたが、5人家族なら
大きなクロダイでないとお財布がつらいですよね。
酒蒸し、昆布締め、いいですね♪~
<< 手拭いに釣られて覚王山春祭り 春日井の枝垂れ桜 >>