アジサイ三昧

なかなか時間が取れなくて、アジサイがずいぶん咲き進んで・・・・・
というか、枯れる一歩手前になってしまった(でも、ナイショ)★

というのも、アジサイは名古屋市千種区の花
つまりここの土地にあった花なので、どんどん大きくなり、
ばっさばっさ切らないと大変なことになるのです。
いえね、アジサイをのびのび大きくできるほど広い場所なら別にいいんですケド・・・・

という訳で、せっかくばっさばっさ切るなら花の時期に・・・・・
そして切った花はお近所へ・・・・・
というのがこの何年かの恒例☆

これにはいい効能もあります。
多くの古くからのアジサイの品種は
今年咲かなかった枝に来年花が付くのです。
だから、花の時期に切るというのは
間違えて来年咲く予定の枝を切るという失敗がないのです。

もっとも、最近の品種は毎年新しい枝にも花を付けるので
それほど気にすることもないのですが、
それでも、どうせ切るなら花の時期に、と言うことですね。

切った花はバケツに3杯ほどあったのですが、写真を忘れました。
思い出した時には配り終えて、自分ち用に活けてから。
c0021551_21175958.jpg

これはでっかい柏葉アジサイを主に活けて
彩りにキョウチクトウを添えた物。
でっかくて重い水差しに活けたので安定していますが、
ちょっと人様には差し上げにくい頭でっかちなので自家用となりました。
c0021551_21195513.jpg

こちらは同じ柏葉アジサイでも脇芽の小さな花房。
小さめのピッチャー(口が欠けている)に
メドーセージとラベンダーの花と一緒に挿しました。

ところで、いつ色づくかなぁと楽しみにしていたイチジク、
ふと見るとまた花が・・・・・
c0021551_21273257.jpg

根元の方に見えるのがもちろん大きくなったイチジクの実。
上の方(左上の方)にちっちゃなコブが・・・・・
これが新しい花。というか、新しい実。
季候さえ良ければ、こんな風にどんどん実ができるのかしら?
原産地のアラビア半島南部、当時の気候はどんな風だったのかしら・・・・
と言ってもこれは栽培用に改良されているから、参考にはならないか。
[PR]
by yamamotoyk | 2012-06-13 21:36 | 園芸 | Comments(2)
Commented by bananamama at 2012-06-14 08:34 x
綺麗ですね~でっかい柏葉アジサイは綿アメみたい^^
Commented by yamamotoyk at 2012-06-14 18:20
bananamamaさんありがとうございます。
はい、モコモコ柏葉アジサイは
綿菓子みたいです。
(岐阜名古屋では綿アメのことをわたがしと言います)
<< 竹繊維100% 水なすのぬか漬け >>