残暑お見舞い麻白絣着物

あらら、もう立秋ですって?(8月7日)
一昨日激しい夕立があって以来、
朝夕はほんのり涼しく空気が少しひんやりしてきました。
(夜間クーラーなしでも朝の室温30℃でした。涼しいと見るか暑いと見るか・・・)
しかし、油断大敵。昼間はキョーレツな日差しです。

というわけで、あせって白麻絣着物を着ます。
(夏が終わるとマズイぞ・・・・w)
c0021551_19174935.jpg


骨董市で見つけた男物の麻の絣着物。(クリック
袖付けをずらして繰越を大きくとって対丈の着物にしたものです。
いえね、長じゅばんにしようと思ったんですけど、
もう少し対丈の着物で着ようかと・・・・・
なかなか爽やかで涼しげに見えて、いいもんですね☆

でも夕方寄ったデパートで鏡に映った姿を見ると
裾があがって来て、ちょっとちんちくりん・・・・
正座した後は注意が必要?
[PR]
by yamamotoyk | 2012-08-08 19:14 | 着物 | Comments(2)
Commented by buribushi at 2012-08-09 21:33
白絣、見た目にも涼しいですね。帯がぴったりです。
立秋って、やはり区切り目なんだなあという風が吹いています。
私も男物の白絣を手に入れました。解いて洗ったけど、さてどうするべき?
Commented by yamamotoyk at 2012-08-09 23:07
すばるさん、ありがとうございます。
見た目だけでなくて、実際涼しいです。
歩くと冷たい風が体を通り抜けていきます。
おはしょりがない分、さらにおなかが涼しいです。

さて、解いて洗った白がすり、いいですね☆
立襟のシャツというか、ズボンの上に着るものを作るのが
一番活躍しそうですね!
<< カボチャの親子煮 サヤインゲン@ニューヨーク仕込 >>