鶏のさっぱり煮

ずっと以前、お酢の瓶についていたレシピを作ってみたことがあります。
あ、出ていますね。これです。(クリック
お酢の宣伝だけあって、使うお酢の量が多くて(醤油とお酢が1カップずつ水半分)
なかなかすっぱいというか、もったいないというか・・・・

ま、でも、メニューに困ると作ったりしましたが、
ふと、今回思い出し、自分のHPに書いておかなかったので、
ネットで検索すると、色々なバージョンがあります。
早い話、こんなにお酢も醤油も使わないバージョン。
例えば汁も飲める、と銘打つレシピは手羽元12本で水600cc、酢100cc、
醤油、酒、ミリン、オイスターソース各大さじ2杯、砂糖3杯。

そんななかで一緒に野菜も煮てさらに残った汁でもっと多くの野菜を煮るとか
さらに余った野菜で炊き込みご飯を作るとか書いてあったので、まねっこを決めました。
c0021551_1895347.jpg

そのレシピではまず鶏の手羽元をフライパンで焼きます。
c0021551_1811412.jpg

焦げ目を付けた手羽元をなべに移し、大根、にんじんを入れて
あとは水、醤油、砂糖、みりんを入れますが、オイスターソースを使うのがミソかな。
煮詰まって、おいしくなってきます。

さて、手羽元と野菜を食べちゃった後の煮汁は、
もう一度野菜と入れて使いまわし。
今回はにんじん、ごぼう、こんにゃく、揚げ、きのこ、銀杏。
c0021551_18202367.jpg

早い話がフツーの野菜の旨煮。煮汁にしっかり鶏の味が出ているので、
肉っ気は入っていませんが、おいしくできました。
次の日のお昼、にしんの甘露煮(できあい)とスナップエンドウを併せて、
c0021551_18181270.jpg

でもまだまだ残っているので、なかの野菜を出して、もう一度細かく切りなおして
炊き込みご飯の具になりました。
c0021551_18174660.jpg

煮汁をざるで切って水とあわせて普通の水加減にして中身を上に乗せました。
c0021551_18261272.jpg

次の日の夜が豚のしょうが焼きと
残りのスナップエンドウ、前からの残りのコーン缶、オリーブも食べちゃいましょう。

煮物の残りで炊き込みご飯って
今まで考え付かなかったのですが、うまく利用すると便利かも。
(煮汁が残っても、どうしていいかわからなくてたいてい捨ててました)
[PR]
by yamamotoyk | 2012-09-20 18:34 | 食べ物 | Comments(2)
Commented by kumitan2011 at 2012-09-20 21:38
わぁー美味しそうですね(^^)
ウチも豚肉の冷しゃぷのゆで汁をラーメンスープにしたり、魚の煮付けの残り汁で里芋を煮たりしています。
肉や魚の美味しいダシがでて、もったいない気がして二回目までは活用するように(^^;

でもさすがに炊き込みご飯は考えませんでした(笑)
素晴らしいアイデアですね~(^o^)/

お料理は工夫しだいでレパートリーも広がるので、楽しみながらできるのが好きです(*^^*)
Commented by yamamotoyk at 2012-09-21 18:45
kumitanさんありがとうございます。
色々上手に使いまわしていらっしゃるんですね!
私はなかなかうまく使いまわせなくて・・・・
魚の煮汁で里芋はいいアイデア、ですね。
煮魚をするときはサトイモも買うべし☆ですね。
<< 麻の洋服を喪服に・・・ まだ麻で粘る >>