麻の洋服を喪服に・・・

さて、大塚屋を歩いていて見つけた麻のシンプルなドレス。
簡単なのに、上品で、麻で作ってあるので涼しそう。
これを黒い麻で作れば、真夏の喪服にできるんでないか、と思い立ち・・・・
幸いとてもきれいな麻があったので、型紙とともにお買い上げ~♪
となったのは、もうずいぶん前・・・のような気がしますが
忘れないうちに作らねばと、スタートしたのがお盆過ぎ。
c0021551_18495197.jpg

市販の型紙は自分のサイズに切り取って使えばいいので、簡単なのですが、
その代わり違うサイズも使おうとなるとまた同じものを買わなければなりません。
けちな私は買った型紙を直接切らないで大きな紙に写し取ろうという作戦に出ます。

窓に貼って写すのが一番簡単ですが、紙が透けないので、
最初に自分の分をマジックで太く書いてからスタート。
この上に大きな紙を当てて写し取ろうという作戦です。
ずれるので2枚の紙をセロテープで固定して書きますが、
垂直仕事なので結構疲れます。

さて、なかなか布まで到達しませんでしたが、
やっと昨日からぼちぼちスタート。布に写して・・・・
c0021551_185422.jpg

今日頑張りました。
c0021551_18543873.jpg

本体部分の格好がついてきました。
このあとはすその始末をして、袖をつけます。
本来は丸首ですが、真ん中にちょっとしたへこみを入れて
襟元をかっこよくしました。
さあ袖付けが大変なんだな、着物と一緒・・・・・
さあ、がんばるべぇ~
[PR]
by yamamotoyk | 2012-09-21 19:01 | 手芸 | Comments(6)
Commented by buribushi at 2012-09-21 20:16
うまこさん何でも自分で作ってしまわれる、スゴイなぁ。
私も布だけ持っていて、マルヤマさん頼み、だからいつになるやら。いけませんね。
Commented by yamamotoyk at 2012-09-22 19:32
すばるさん、ありがとうございます。
やる気が起きると、色々作っちゃいますね。
時間とやる気がうまく一致しないのが悩みの種ですが・・・・
でも、仕上がりがイマイチだったりするので
頼む方が結局良かったりするんですよね・・・・・
Commented by tomo at 2017-05-12 21:57 x
初めまして。先日、母が亡くなり正喪服(喪主)なので検索してました、年代に依って生地の選別があるみたいで驚きました!!
実は私も作成する方なのでニットでも普通地でも何でも縫います。麻の喪服を作成したいと考えてましたが、間に合いませんでした・・・
は〇や〇さんで購入をしました。ブラックフォーマルです。値段は・・・まぁお手頃だと思います。ポリなので暑いです、私の嫌いな素材です・・・
母が昔言ってましたが、化学繊維は火事の時に燃焼度が高くなってドロドロに溶けて皮膚に付着すると大火傷して大変な事になると聞いてからは
化学繊維の服は全部捨てました!現在も綿・麻・絹・レーヨン等しか着ません。
冬でも綿です。ですが、化学繊維を着用しても肌着に綿製品を着ると良いと言ってました。
では・・・麻で何か作成したら又・・・書き込みさせて貰います!^^宜しくです^^
Commented by yamamotoyk at 2017-05-13 00:37
tomoさん、書き込みありがとうございます。
お母様のことではご愁傷様でした。
ご冥福をお祈りします。

喪服は必要になるときは急なので、
大人になったら普段から用事するべき物、
結婚するときは必ず作る物と言われて育ちました。

自然素材といえば、ウールをお忘れですね☆
ウールは3シーズン(涼しい地方では年中)使えます。
もちろん生地の厚さは色々ありますが。
しわになりやすくカジュアル感たっぷりの木綿に対して、
ウールには正装感があります。
ご自分で作られるならお考えになってもいい素材かと思います。

一方、麻も一口に麻と言っても何種類かあって
ものによってはカジュアル感がありすぎるので
ご用心です。

この際なので、ステキな素材で
しかも季節に合った快適な喪服を作られるのはいかがでしょうか。
Commented by totm at 2017-05-14 12:17 x
うまこ様・・・こんにちは^^先日は勝手にお邪魔をスミマセンです!何故うまこさんって言うのですか?いきなりスミマセン・・・
例の麻ですが・・・未だ作成してないのに書きこさせて貰いました!tomoさんと言うのが目について嬉しくなって見てしまいました^^生地ですが・・・ウールですね、私暑がりで冬でもウール素材NGなんですよ、綿ばかりです、これでも
汗をかいてしまい、あぁ・・・加齢臭がする・・・デオドラントも持ち歩き気を遣ってる次第なんです。30代迄は加齢臭なかったのになぁ・・・夏場は特に困りますね、先日昼寝してて自分の汗かいた臭さで目を覚ました位ですから、
おい・・・どれだけ腐ってるんだ?!なので1年中デオドラント持ち歩きなんです。何か良い方法検索しないとならないです。ブランクあるのですが、今期を境目にバイトしようかなと考えたりしてるのですどね。基本、車の運転が得意なので、
以前は集配の仕事してました。昨年に停車中に後ろからドッカ~ン!!!オカマされて、むち打ちで今も治療してます。体調的には前の体と違い疲れやすい・肩首腰や膝も特に天気悪い日は痛い疲労感があって、唯一の運転の仕事に就くのが
怖くなりました。今日は腕と肩・腰が辛いです、でもまぁこうして生きさせて貰ってるので・・・無理なく頑張ります!時々うまこさんの他の内容も楽しみに読ませて頂きたいと思っております^^どうぞ宜しくお願い致します^^
Commented by yamamotoyk at 2017-05-14 20:54
tomoさん、ありがとうございます。
tomoさんも色々大変ですね。
たしかに暑がりの方、あるいは暑い地方にお住まいの方には
ウールはいくら薄手でも暑いかもしれませんね。
それに洗濯も木綿ほど簡単ではありませんからね。
うまこは学生時代からのあだ名で、
そのまま使っています。
どうぞ無理なくこれからも頑張って下さい。
<< 麻物洗濯 鶏のさっぱり煮 >>