狂言

今日はやるまいぞさんが狂言のお稽古をされている教室の発表会です。
名古屋能楽堂です。
じつの多くの方が発表され、
ちょっとはらはらする人からかわいい~お子様!そして本格派、と
じつに皆さん色々なのもとても楽しみです。
狂言の演目も多彩なのでこちらも楽しみの一つです。

きょうのやるまいぞさんは殺生石(せっしょうせき)の語り
(動作なしで正座して物語を語る)と
文山賊(ふみやまだち)です。

今日はいい席をとろうと2列目の真ん中に陣取ったら、
あら、正座したやるまいぞさんと真正面・・・・照れちゃうし・・・・
とうつむいてしまいました。
でも、終りのほうで聞き覚えのある名前が出てきたので
(三浦介みうらのすけ上総介かずさのすけ)
思わず正面を向いて微笑んでしまったら・・・・
やるまいぞさんトチった(あ、ごめんなさい!)
そうか、長唄の那須野と同じ登場人物なんだぁ~
玉藻前(たまものまえ)は
長唄では水に藻の花の裾模様の着物を着ていた美人ね。

次の文山賊は2人の山賊がけんかをしながら登場。
最初から「やるまいぞ、やるまいぞ」と言いながら出てきて、
終わりは仲直りしてめでたしと入って行く、
普通のパターンとは反対なのが、面白いお話です。
c0021551_20434316.jpg

後ろ向きなのがやるまいぞさん。
師匠が舞台のむこう端で厳しい顔して監督中☆

ちょうど文山賊に間に合う時間にトビウオさんにお会いできました。
終わってから能衣装などの能楽堂の展示物を見て、
いろいろおしゃべりができて楽しかったです。
今回はやるまいぞさんにはお会いできず、ちょっと残念。
とても良く通る声でとても良かったです!
殺生石のときの紅い袴もとてもステキ。後姿もステキでした。

これからも頑張ってください!
[PR]
by yamamotoyk | 2012-09-29 20:56 | 外出 | Comments(3)
Commented by buribushi at 2012-09-29 22:33
この後ろ姿の腰つきが、いかにも日本の芸能、という感じです。
安定感とほのかなおいろけ。
私も見たいけど、めったに機会がありません。
数年前に茂山一派の狂言を見てたのしかったです。
Commented by yamamotoyk at 2012-09-30 13:38
すばるさん、ありがとうございます。
なるほど、日本の芸能の腰つきですか。
腰を入れるとか、腰が座るとか、大切ですものね。
狂言だけでもこれだけの大人数がお稽古されているかと思うと、
名古屋って、本当に芸所、って思います。
Commented by bananamama at 2012-10-01 07:19 x
文化の秋ですね^^
狂言はいつ観たのかしら?
かなり以前、また行ってみたくなりました。
<< お月見直前の着物 尾張名古屋の職人展 >>