しみじみぶり大根

さて、御園座に持って行ったお弁当のぶり大根、
しみじみ美味しくいただきました。
え?ブリ大根のお弁当?って・・・・普通のお弁当箱を想像しないでください。
タッパーと言っちゃまずいよね、普通のシール容器に汁も少しだけ入れて
んで、持って行っただけ。
だって、ブリと大根とにんじんとしいたけやら昆布やら入っていて、
ま、おかずとして完成してるから、あとはご飯のかわりにパン。
ちょっと変だけど、バランス的にはいいはず。

というわけで、作り方です。

大根の皮をむき、お好みの形で大きめにカット。
メインディッシュとして作るので、大根だけでなくにんじん、たけのこ、きのこ、
ごぼう、レンコンなど、煮崩れない野菜があれば、大きめカットして
干ししいたけ、昆布とともに、煮ます。
もちろん根菜は水から煮ます。
この時だし汁があればそれを使うといいでしょう。
ないときは好みでだしの素などをどうぞ。
ここでしょうがを使うのが普通ですが、今回は山椒の実を入れてみました。
c0021551_20552836.jpg

野菜類が煮えたかな、というところで火を消し、冷まします。
冷める時に味が野菜、特に大根にしみていきます。
準備として先立って時間のあるときに作っておくといいですね。

食事の時間になったら、ブリを準備します。
切り身でもいいけど、アラがあるとよりいいですね。
近くのスーパーではブリ大根用に切ったブリあらがあるので便利です。

ブリをざるに入れて上から熱湯をまわしかけます。
c0021551_20563158.jpg

準備しておいた煮野菜に火を入れます。
熱湯をまわしかけ白くなったブリを煮たった野菜の中に投入。
もし銀杏があったら、ここで一緒に入れます。
煮汁が少なくなっているので酒、みりん、醤油を入れます。
酢を隠し味にちょっと入れてもいいでしょう。
味を見ながら、味を調整しつつ煮ます。
ブリに火が通ったら完成。
でも、ちょっと冷めて味がしみる時間を取れればサイコー
c0021551_211376.jpg

ご飯のおかずにしたいときはやや濃い目の味付けにしますが
野菜にだしの味がしみているのでしょうゆの味が濃くなくても
とても美味しくいただけます。
いちいち冷まして味がしみるのを待つと、実に美味しくなります。
これはゆったりと作るのがいいですね。

残った時には少し沸騰させるくらい火を入れておきます。
御園座には2日目のを持って行きました。しみじみ美味しかったです。
[PR]
by yamamotoyk | 2012-10-19 21:12 | 食べ物 | Comments(0)
<< お隣のキンモクセイ 勘九郎襲名披露@御園座 >>